FC2ブログ

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者

konan.jpg

監督 山本泰一郎
脚本 古内一成
音楽 大野克夫
主題歌 PUZZLE/倉木麻衣

声の出演
コナン/高山みなみ
蘭/山崎和佳奈
毛利小五郎/神谷明
水谷浩介/DAIGO

(あらすじ)

縦線と謎の文字が書かれた麻雀パイが現場に残された
連続殺人事件が発生。
各地の警察は管轄を超えて捜査を始める。

昆虫採集に行ったコナンらは、そこで
羽根にテープを貼られたカブトムシを発見。

コナンは事件に、自分を追う黒ずくめの組織が絡んでいることを見抜き、
独自の捜査を開始する。

(感想)

初コナン。
コナンのこれまでのいきさつも冒頭で紹介されるので、
とてもわかりやすかった。

最近会っていない友人が凄いファンだったんだけど、
確かに面白かった。

観ながらふと思ったんだけど、
実際の殺人事件とか復讐劇って こんなに凝ってないよね、多分(^_^;)
それが推理劇の面白いところではあるけど。

麻雀パイ、星座、ビートルズとか
無茶に凝りに凝った(笑)謎解きだった。

自分としては、工藤新一やシェリーをあんなふうに出来る薬を
どうやって作ったのか?っていうことが一番気になった(爆)
だって凄い技術じゃん。
ま、そこはアニメかな・・・あせるってことで。

これからも目に付いたら観るかも知れない。

オフィシャル・サイト
http://www.conan-movie.jp/info/dvd_v13.html




劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スペシャル・エディション [DVD]/コナン

¥6,720
Amazon.co.jp

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スタンダード・エディション [DVD]/コナン

¥5,460
Amazon.co.jp

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 [Blu-ray]/コナン

¥6,510
Amazon.co.jp

サントラ

名探偵コナン 漆黒の追跡者 オリジナルサウンドトラック/サントラ

¥3,000
Amazon.co.jp

主題歌

PUZZLE/Revive(初回限定盤)/倉木麻衣

¥1,260
Amazon.co.jp

Revive/PUZZLE(初回限定盤)/倉木麻衣

¥1,260
Amazon.co.jp

PUZZLE/Revive/倉木麻衣

¥1,050
Amazon.co.jp

Revive/PUZZLE/倉木麻衣

¥1,050
Amazon.co.jp

借りぐらしのアリエッティ

arietty.jpg

監督 米林宏昌
脚本 宮崎駿、丹羽圭子
音楽 セシル・コルベル
主題歌 Arrietty’s Song/セシル・コルベル

声の出演
アリエッティ/志田未来
翔/神木隆之介
ポッド(アリエッティの父)/三浦友和
ホミリー(アリエッティの母)/大竹しのぶ
貞子(翔の母の叔母)/竹下景子
ハル(お手伝い)/樹木希林
スヒラー/藤原竜也

(あらすじ-ほぼネタバレ)

翔は心臓が悪く、母の実家で療養することになる。
実家には翔の母の叔母の貞子、お手伝いのハルがいる。
翔の両親は離婚しており、母に引き取られたが、彼女は仕事で多忙。

アリエッティはその家の地下に両親と住む小人だった。

小人はその姿を人間に見られたら 引っ越さなくてはいけない決まりだったが、
アリエッティは翔に見られてしまった。

夜、父・ポッドと共に、
角砂糖とティッシュを調達する「借り」に出かけたアリエッティは、
翔に話しかけられ、何も持って帰れなかった。


翌日、翔は「わすれもの」というメモと共に、
角砂糖を通気口に置いておく。


気になったアリエッティはそれを返しに行き、
烏に襲われたところを翔に助けられ、
悪い人間ばかりではないと思い始めた。


翔は貞子に部屋にあったドール・ハウスのことを聞いた。
そのドール・ハウスは
貞子の父がこの家で小人を見たことをきっかけに精巧に作られたものだった。
ハルはこの家に小人がいることを薄々感づいていた。


ポッドが怪我をし、同じ小人のスピラーに助けられた。
仲間を見つけられて嬉しいアリエッティ。
ポッドはスピラーの協力で新居探しを始める。


翔がドール・ハウスのキッチンをアリエッティたちの住処に置いた。
アリエッティは翔に抗議しに行き、
彼が小人たちのことを「滅び行く種族」と言ったことに憤慨するが、
彼の病気や淋しい状況に同情する。


ハルがアリエッティたちの住処を知ってしまい、
母・ホミリーを捕まえて閉じ込めてしまった。
そして、業者に捕獲するように依頼してしまう。


アリエッティと翔は協力してホミリーを助ける。

アリエッティ一家引越しの日、
翔とアリエッティは猫のニーヤの導きで会い、
別れの挨拶を交わすのだった。


(感想)

スタジオ・ジブリは後継者育成に本格的に乗り出したそうで、
米林監督が抜擢された。

会社員の中には、上司に
「思い切り、好きなようにやれ」と言われた時に、
本当に好きなように出来る人と、
そう言われても、プレッシャーや、周囲の評価を気にして、
堅実にいく人といると思うのだが、この監督は後者と思う。

可もなく、不可もない、という感想が多いのは
そのせいだろう。

実際、この映画は悪くない。

ただ、宮崎監督のような独創性、
たとえば、映画崖の上のポニョ の中で、
ポニョが宗介を追いかけて 波になったくじらの上を歩くような
冒険的なシーンはない。

あくまで
ジブリのイメージをなぞって作ってみました、って感じなのだ。
それ以上でも、それ以下でもなく。

なのでとても堅実で、
別段つまらなくもないけど、格段面白くもない、というふうに
なったのだと思う。

ジブリはレベルが高いので大変だったと思うが、
第一回監督作品としては、奮闘したと思う。

小人の小ささを表すコントラストは、印象的。

観終わった後に優しい気持ちになれるし、
観て良い映画だと思った。

ただ、アリエッティのお母さんはおばあさんにしか見えず(初井言栄さんを思い出したm(_ _)m )、
雰囲気も意地悪そうで、品がないのが終始気になった。
お父さんも、14歳の子の父親としては、おじいさんっぽい。
高齢出産だったのかな?(笑)

声優陣も皆好演。

音楽もケイト・ブッシュぽくて 素敵だった。

オフィシャル・サイト
http://www.karigurashi.jp/index.html




サントラ

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック/セシル・コルベル

¥2,500
Amazon.co.jp

主題歌

Arrietty’s Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)/セシル・コルベル

¥1,000
Amazon.co.jp

イメージ・ソング・アルバム

Kari-gurashi~借りぐらし~(借りぐらしのアリエッティ・イメージ歌集アルバム)/セシル・コルベル

¥2,500
Amazon.co.jp

劇場版ポケットモンスター ダイアモンド&パール アルセウス 超克の時空へ

$Uzo☆mUzo 

監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
音楽 宮崎慎二
主題歌 心のアンテナ/中川翔子

声の出演
サトシ/松本梨香、ピカチュウ/大谷育江
アルセウス/美輪明宏、シーナ/北乃きい、ダモス/高嶋政宏、ギシン/山寺宏一

(あらすじ-ほぼネタバレ)

サトシ、ピカチュウら一行は、自然に囲まれた町・ミチーナに到着。
そこでシーナと出会う。

彼女の祖先・ダモスは、
全てを生み出したと言われる伝説のポケモン・アルセウスが
この土地の復興のために、
自らの命を賭けて貸した「命の宝玉」を返さなかった。

怒ったアルセウスが今、長い眠りから覚め、
人間を滅ぼしに来るのだと言う。

ディアルガは アルゼウスが暴れる中、
サトシやシーナらを過去に飛ばす。


そこで知った事実は、ダモスは部下だったギシンに騙され、
催眠術をかけられていたこと、
ダモス本人はアルセウスに命の宝玉を返すつもりだったことだった。


そうとは知らぬシーナはギシンにあれこれ未来のことを話してしまい、
彼はアルセウスを殺してしまった。


未来が変わることで消えそうになるサトシたち。
だがダモスの心がアルセウスに伝わり、目を覚ます。


命の宝玉が返されたことで、
未来にも平和がもたらされるのだった。


(感想)

ポケモン2作目の鑑賞。
前に観たのは 多分 第1作の映画「ミュウツーの逆襲」だと思われる・・・
観た以外は 何も覚えていない。

これは・・・
ポケモンの種類も数限りなく作れるし、
子供たちの心をそそるのもよくわかる。
話としても、とてもわかりやすいしね。
ピカチュウ、かわいいし。

アルセウスの声は美輪さんが演じていて、
やっぱり唸る上手さだった。

映画幻魔大戦
映画もののけ姫
映画ハウルの動く城 ・・・

どれも印象的だったしね。
どの役どころも人間じゃないところが、美輪さんらしいけど。

自分の一番の感想は
「美輪さんはやっぱり芸達者だなぁ」ってことだった。
北乃きいが下手なだけにね。

きっとこれも、後々、美輪さんの好演と、
観たこと以外は忘れると思う(笑)

おまけ

美輪さんの実力が遺憾なく発揮される名唱

♪老女優は去りゆく




オフィシャル・サイト
http://www.pokemon-movie.jp/dvd/2009.html




劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス 超克の時空へ [DVD]/松本梨香,大谷育江

¥4,179
Amazon.co.jp

サントラ

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「アルセウス 超克の時空へ」ミュージックコレクション/サントラ

¥2,940
Amazon.co.jp

オープニング・テーマ

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「アルセウス 超克の時空へ」オープニングテーマ「.../サトシ(松本梨香)&ヒカリ(豊口めぐみ)

¥1,365
Amazon.co.jp

主題歌

心のアンテナ(ギザみみピチュー盤)(期間生産限定盤)/中川翔子

¥1,300
Amazon.co.jp

心のアンテナ(DVD付)/中川翔子

¥1,575
Amazon.co.jp

心のアンテナ/中川翔子

¥1,223
Amazon.co.jp


クローズZERO Ⅱ

$Uzo☆mUzo 

監督 三池崇史
脚本 武藤将吾、水島力也
音楽 大坪直樹

出演 
-鈴蘭高校-
(GPS)
小栗旬、高岡蒼甫、高橋努、鈴之助、伊崎央登、伊崎右典
(芹沢軍団)
山田孝之、桐谷健太、遠藤要、上地雄輔
(1年生トリオ)
大東俊介、小柳友、橋爪遼
(最強の男・リンダマン)
深水元基

(OB)
やべきょうすけ、阿部進之介

-鳳仙高校-
金子ノブアキ、三浦春馬、綾野剛、波岡一喜、阿部亮平、大口兼悟、蕨野友也

黒木メイサ、松重豊、遠藤憲一、岸谷五朗

(あらすじ-ほぼネタバレ)

2年前、鳳仙高校と戦った際、刃物を使ってトップの美藤を殺してしまった
かつての鈴蘭のトップ・川西(阿部)が少年刑務所から出所。

それを鳳仙の生徒たちが待ち構えていた。
川西は鈴蘭に逃げ込み、
源治(小栗)ら現役と
鳳仙との不協和音のきっかけになってしまう。

川西は矢崎組組長(遠藤)を訪ね、
片桐(やべ)の墓参りをするように言われる。


だが片桐は生きており、漁港で働いていた。
片桐は無茶をしそうな川西を心配する。


川西は矢崎組の組員にそそのかされ、
源治の父であり、敵対している滝谷組組長(岸谷)を
殺すように言われる。


だが、襲ったものの、死には至らなかった。

鈴蘭をひとつにまとめられない自分の力不足を痛感していた
源治は、父の姿を見て、気持ちを固めた。


鈴蘭から鳳仙へ転校した鷲尾(波岡)が
鈴蘭の体育館に放火したことで、ついに戦争は避けられなくなった。


滝谷襲撃の報を聞いた片桐は、川西の仕業であることを察知し、
滝谷にとどめを刺そうとしていた彼に必死の説得をする。
その姿に、滝谷は川西のことに目をつぶる。


まとまりのない鈴蘭のメンバー。
ひそかにひとりで戦いに行く決意をしていた源治。
そんな彼の思いを知り、力を合わせることになった鈴蘭の生徒たち。


そして、鳳仙との全面戦争が始まった。
刃物を取り出した鷲尾を、鳳仙のリーダー・鳴海(金子)は殴った。


激しい戦いの末、鈴蘭は鳳仙を制した。

鳳仙のホープであり、美藤の弟の竜也(三浦)は
今度は自分が先輩たちの意思を受け継いでいくという決意をする。


そして、源治たちは鈴蘭を卒業した。

(感想)

いまどき、誰がこういうタイプの映画を観るんだろう?と
1の予告編を観て思ったのだが、自分は関心があった(笑)
映画BE BOP HIGHSCHOOL を思い出した。

三池監督は、どんなタイプの映画も撮る多作の人だが、
(そのかわり、どんな映画でもOV臭を漂わす結果にしちゃうけど)
こういう非現実的なアクションものが
一番得意なんじゃないかな。
これは、彼の代表作になると思う。

片桐と川西のシーンが良かったなぁ。
キャラは牧瀬が面白かった。

学校間の戦争の話は・・・(笑)
バカバカしいことこのうえない。
自分は好きだけどね。
先生とか警察とか一切出て来ないんだよね(爆)
そこがいいとこだけど。

こういうアクションは若手しか出来ないし、
彼らの軽やかな動きは、観ていて爽快ではある。
それを楽しむ映画。

高岡蒼甫と阿部進之介は、アクション以外でも光っていたし、
この先もっと伸びそうだな、と思った。

華奢すぎる小栗と、鈍臭そうな山田は
知名度なくしては、キャスティングされなかったような・・・


-出演者たちのその他の作品のレビュー-

小栗旬
TAJOMARU (←リンク)
ごくせん THE MOVIE (←リンク)

山田孝之
鴨川ホルモー (←リンク)
MW (←リンク)

高岡蒼甫
猿ロック THE MOVIE (←リンク)
ROOKIES 卒業 (←リンク)
ちゃんと伝える (←リンク)

やべきょうすけ
TAJOMARU (←リンク)

黒木メイサ
アサルトガールズ (←リンク)

岸谷五朗 
キラー・ヴァージンロード(監督) (←リンク)

オフィシャル・サイト
http://www.cz2.jp/index.html




クローズZERO II プレミアム・エディション [DVD]/小栗旬,やべきょうすけ,金子ノブアキ

¥5,985
Amazon.co.jp

クローズZERO II スタンダード・エディション [DVD]/小栗旬,やべきょうすけ,金子ノブアキ

¥3,990
Amazon.co.jp

クローズZERO II [Blu-ray]/小栗旬,やべきょうすけ,金子ノブアキ

¥6,300
Amazon.co.jp

クローズZERO II 最高エディション [DVD]/小栗旬,やべきょうすけ,金子ノブアキ

¥9,600
Amazon.co.jp

サントラ

クローズZERO II オリジナルサウンドトラック/サントラ

¥2,800
Amazon.co.jp

劇場版 文学少女

$Uzo☆mUzo 

監督 多田俊介
脚本 山田由香
音楽 伊藤真澄
主題歌 遥かな日々/eufonius

声の出演
遠子/花澤香菜、心葉/入野自由、美羽/平野綾、ななせ/水樹奈々、
芥川/小野大輔、千愛/豊崎愛生

(あらすじ-ほぼネタバレ)

高校1年生の心葉は、
本を破って食べる2年生の文学少女・遠子を見かけ、
強引に彼女のいる文芸部に入部させられる。

放課後、心葉は、遠子のために物語を書き、
遠子はそれを「おやつ」と称して食べた。

遠子は「あなたの恋をかなえます」と書いたポストを置き、
ラブレターの代筆をして、その恋を実らせることを
心待ちにしていたが、
ある日、宮沢賢治のらくがきを真似た絵が投函された。


心葉は、「宮沢賢治」と、
女子高生作家「井上ミウ」の話になると、心が苦しくなる。


絵を投函し続けていたのは千愛で、
心葉に美羽から頼まれたことを告げる。


病院へななせのお見舞いに行った心葉は、
そこで美羽と再会した。


心葉と美羽は幼馴染みで、互いに思いを寄せていたが、
美羽は心葉の前で飛び降り自殺をし、姿を消していた。


心葉と再会した美羽は、彼を独占しようと
ななせや親友・芥川について?を並べて聞かせた。


困惑しつつも、彼女を受け止めようとする心葉に、
遠子は「銀河鉄道の夜」の
カムパネルラとジョヴァンニを重ねて話し、温かく接した。


小学生時代、美羽は心葉をつなぎとめておくため、
宮沢賢治の小説を自分が創作した作品かのように語って聞かせた。
いつか作家になる、という夢を持っていた美羽だったが、
「井上ミウ」という名前でコンクールに優勝したのは
心葉の作品だった。
インパクトがあがるように、女子高生という設定に変え、ベストセラーになった。
美羽が自殺未遂をしたのはその頃だった。


美羽に迫られ、心中をしようとした心葉を止める遠子。
だが、美羽はトラックに突っ込み、小学生の心に戻ってしまった。


心葉はそんな美羽に尽くすが、彼女の芝居を見抜いていたななせは、
思いを寄せる心葉の目を覚ますために、彼女に殴りかかった。
そこで、美羽が家族の愛情に恵まれていなかったこともわかった。


遠子はそんな皆をプラネタリウムへ連れ出し、
心を浄化させた。
美羽は心葉を解放した。


遠子への思いに気付いた心葉は、
彼女のためだけに物語を作る、と言うが、
彼の才能を知っていた遠子は
皆を楽しませる作家になるように言い、北海道の大学へ進学した。


-年月がたち、美羽は社会人になり、
心葉は作家になっていた。
彼の担当編集者は遠子である。


(感想)

キャラクターがあまりに子供っぽい絵なのとは対照的に、
高校生らしさのない、ドロドロの愛憎劇が展開されるが、
ヒロイン・遠子がうまく収め、
最後には、さわやかで、切なく、ジーンと来る青春映画になっている。

良い作品だった。

でも、本を食べるのは不潔だから止めたほうがいいと思う(笑)
言わんとする感情はわかるけど。

宮沢賢治がモチーフになっているのがユニーク。

観終わった後、本を読みたい気分になった。

オフィシャル・サイト
http://www.bungakushoujo.jp/




劇場版“文学少女” 初回限定版 [DVD]/花澤香菜,入野自由,平野綾

¥8,190
Amazon.co.jp

劇場版“文学少女” 初回限定版 [Blu-ray]/花澤香菜,入野自由,平野綾

¥10,290
Amazon.co.jp

劇場版“文学少女” スタンダード版 [DVD]/花澤香菜,入野自由,平野綾

¥6,090
Amazon.co.jp

サントラ

劇場版“文学少女”オリジナルサウンドトラック ~追想音楽 Musique du film~/伊藤真澄

¥3,000
Amazon.co.jp

主題歌

遥かな日々/eufonius

¥1,200
Amazon.co.jp

連休は劇場・DVDで映画を観よう!☆ (←リンク)

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる