FC2ブログ

ちゃんと伝える

$Uzo☆mUzo 

監督・脚本 園子温
音楽 原田智英

出演 AKIRA、伊藤歩、奥田瑛二、高橋恵子、高岡蒼甫、吹越満、でんでん、
綾田俊樹、満島ひかり

(あらすじ-ほぼネタバレ)

タウン誌の編集部に勤める史郎(AKIRA)は27歳。
父(奥田)は癌で入院生活を送っており、史郎は毎日見舞いに出かけた。

父は史郎の通った高校の体育教師で、サッカー部の顧問だった。
学校では鬼コーチであり、家では厳格な主君だった父は、
史郎にとっては煙たい存在だったが、
これを機会に歩み寄り、退院をしたら一緒に釣りに行く約束をしていた。

その史郎が、自分も癌で、父よりも状況が悪いことがわかる。

母(高橋)にも、恋人で同級生の陽子(伊藤)にもはっきり言えずにいる史郎。

同級生の圭太(高岡)が帰省し、
陽子と3人で見舞った日、父が急死した。


火葬場へ向かう途中、史郎は霊柩車で父を
釣りに行く約束をしていた湖へ連れて行き、約束を果たした。


そして、ついに陽子へ自分の病気のことを伝える史郎。
だから結婚は出来ない、という彼に
陽子は 彼と結婚する意思をはっきり告げるのだった。


(感想)

凄く気になる題材だった。

奥田や高橋のベテラン勢が好演で、ほのぼのと
良い雰囲気で話が進んだ。
きっと最後は泣いてしまうんだろう・・・と思った。

ところが父親が亡くなった後、
主人公が「おいおい、大江賢次の『絶唱』かよ・・・ガーン」と思うようなことをしだして、
現実味のなさに一気に冷めた。
だって 実際に喪主になるとわかるけど、絶対あんなことするのは不可能なんだから。
死後硬直もあるし、葬儀屋だって黙っていないし、弔問客の迷惑になるし、
火葬場に時間の余裕はないし。


だけど・・・

観ているうちに やっぱり、ウルッとしてしまった。

夕暮れが映える、いいシーンだった。
(だけどあんな時間に荼毘にふすのは稀だと思うけど・・・)
自分も亡くなった父親にこれくらいのことをしてやるべきだったかな、と
反省した。


自分も死を迎えそうだとは言え、主人公を「自分勝手なバカ」と感じずに、
「親思いの心優しいヤツ」と思えたのは、AKIRAの存在感にあると思う。
彼の人柄を感じさせる、素直な演技で好感が持てた。

EXILEのメンバーって、揃っていないと
どこにでもいそうな、印象の薄いお兄さんたちの集団なんだな、と再認識。


奥田も高橋も好演。
奥田は息子の成長に安堵した父親の表情になっていたし、
高橋は楽天的なお母さんを体現していた。
伊藤の泣きの演技もチャーミングだったし、
でんでんや綾田も良い味を出していた。

父と息子に焦点が当てられた話だったけど、
この先一番辛いのはお母さんだと思う。
夫と息子を相次いで亡くしてしまうわけだし・・・それを思うと胸が痛んだし、
自分としてはその部分にも焦点を当てて欲しかった気もする。


オフィシャル・サイト
http://chantsuta.gaga.ne.jp/




ちゃんと伝える スペシャル・エディション [DVD]/AKIRA,伊藤歩,高橋惠子

¥4,935
Amazon.co.jp


ディア・ドクター

$Uzo☆mUzo 

監督・脚本 西川美和
音楽 モアリズム
主題歌 笑う花/モアリズム

出演 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、八千草薫、香川照之、井川遥、松重豊、岩松了、
笹野高史、中村勘三郎

(あらすじ)

過疎地の医師・伊野(鶴瓶)が失踪した。
捜査に乗り出す刑事たち(松重と岩松)。

-村民のほとんどが高齢者のこの村で伊野は大変慕われていた。
2ヶ月前にやって来た研修医の相馬(瑛太)もそんな彼に畏敬の念を抱く。

ある日、ひとり暮らしの烏飼夫人(八千草)が倒れた。
彼女の娘・りつ子(井川)は大病院の医師だったが、
病死した夫の闘病を見ていた夫人は、大病院での治療を嫌がっていた。
伊野に「一緒に嘘をついて欲しい、ここで静かに治療したい」という彼女に
伊野もそれを承諾した。
彼女には胃潰瘍だと説明するが、本当は胃がんだとわかり伊野は苦悩する。

伊野は専門書を見て夫人に薬を渡していたが、帰省したりつ子はその薬を見て
母の病状を心配し、伊野を訪ねて来た。
彼が失踪したのはその日だった。彼は医師免許を持っていなかったのだ。

-捜査が進み、やがて彼がニセ医者だったことがわかると、
彼の周囲の人間の言うことも変わってくる・・・。

(感想)

これはあたたかなヒューマン・ドラマかと思いきや、
意外とシニカルだった。
刑事たちが鶴瓶のことを聞いて回るシーンは
近代映画協会作品のようだった。

この映画、舞台は過疎地だけど、
無医村問題や過疎化問題を声高に訴えているわけでもなく、
医師免許のない医師が大病院の医師よりも高齢者の患者の支えになるという皮肉や、
そんな人間を医師として迎えてしまう行政のいい加減さ、
詐欺医者だとわかった途端に手のひらを返す村人たちを笑う
ブラック・コメディに近い映画だと思う。
人情ドラマだと、ここで村民の誰かが鶴瓶をかばっていたりするんだろうけど
そういう展開はなかった。

今のお笑いの人はトークなどで「素」を売りにしている人が多いから、
芝居をやっても自然に見えるのかも、と鶴瓶を見て思った。
胡散臭さがぴったりだった。
出演者全員好演だった。鶴瓶が偽医者だと気づいていたのか、
いなかったのか、っていう微妙なニュアンスの芝居がうまい。
特筆すべきは八千草薫。ベテランの演技を見せる。
(偉そうだけど、初めて彼女を上手いと思った)
余と香川の演技は毎度安心して見れるとして、瑛太も良かった。
きれいな井川もね。
勘三郎はゲスト扱いだと思うけど、勘三郎そのものだった。

この作品、絶賛されていたけど、自分にはピンと来なかった。
近代映画協会のノリにするのか、
のどかな田園風景に沿ったノリにするのか、どっちかにした方が良かった気がする。
メリハリが効いていたわけでもないし。
何だかトーンが中途半端だった。

「詐欺医者ドタバタ顛末記」みたいなノリにしたほうが、
言いたいことが伝わりやすかったと思う。



オフィシャル・サイト
http://deardoctor.jp/




ディア・ドクター 【限定版】 <初回限定生産> [DVD]/笑福亭鶴瓶,瑛太,余貴美子

¥6,300
Amazon.co.jp

ディア・ドクター [DVD]/笑福亭鶴瓶,瑛太,余貴美子

¥3,990
Amazon.co.jp

サントラ

ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック/モアリズム

¥1,800
Amazon.co.jp

劔岳 点の記

$Uzo☆mUzo 

CDDVD

監督 木村大作
脚本 木村大作、菊池淳夫、宮村敏正
音楽監督 池辺晋一郎

出演 
浅野忠信、香川照之、松田龍平、モロ師岡、螢雪次朗、仁科貴、蟹江一平、
仲村トオル、小市慢太郎、安藤彰則、橋本一郎、本田大輔
宮崎あおい、小沢征悦、新井浩文、鈴木砂羽、石橋蓮司、タモト清嵐、田中要次
笹野高史、国村隼、井川比佐志、夏八木勲、役所広司

(あらすじ-ほぼネタバレ)

明治39年、国防のために日本地図の完成を急いでいた陸軍は、
測量部の柴崎(浅野)に、その険しさから空白地点になっている
「剱岳」の初登頂と測量を命じる。
軍の威信にかけて、海外からの登山道具を用いて登山している
創設間もない「山岳会」に先を越されぬように、とのことだった。

柴崎は長次郎(香川)を案内人に下見をし、
翌年、信(松田)らを伴って7人で剱岳に登山する。
様々な自然の脅威にさらされながら、

頂上にたどりつくも、
実は初登頂ではなかったことがわかり、
軍は柴崎らの偉業を評価しなかった。


しかし、山岳会の小鳥(仲村)らは、
地図を作るために命をかけた彼らを手信号で称え、
柴崎らも「あなたたちは仲間です」と手信号で称えるのだった。


(感想)

中3の高校受験時期、各々受験校の入試日が違うので、
全員集まらない日に学校で観させられそうな映画。
(自分の時はカチンコ植村直己物語だった)

日本映画の名カメラマン・木村大作の初監督作品。
(木村さんは凄く口が悪くて、コサキンでもネタにされていた)
さすが、自然の風景がとても美しく撮られている。
これだけで価値がある。
本物の迫力や気は、やはりCGでは出せないんだ、と良くわかる。
その風景の中で、クラシックの名曲をBGMに
柴崎たちの過酷な登山の様子が描かれている。
本当に大変な撮影だったと思う。

自然の風景時は文句ないんだけど、
役者メインのシーンのインサートがなんか不自然で、
とても唐突に感じられた。
多分、木村さんのメインの目的は「自然の壮大な風景」を写す事であり、
新田次郎原作のこの題材は、それを撮るのにぴったりだった、ってことだったのでは?
人間ドラマは、付け足し程度にしか考えていなかったと思う。
「この雄大な自然の中では、人間なんてちっぽけなもの」って台詞があったんだけど、
それが言いたかったのかも知れない。

役者陣は好きな男優がたくさん出ていた。

メインの2人、
浅野忠信は何を演じてもその人そのものに見える。
台詞の言い方とか、仕草に芝居臭さがない。不自然すぎるくらい自然。
ひとりだけトーンが違う。
彼は笠智衆タイプの役者だと思った。
香川照之はその逆。
2人とも良い役者。

松田龍平と仲村トオルは、元々は好きじゃなかったんだけど、
最近どんどん格好良くなってきているなぁ、と思う。

新井浩文は相変わらずな役どころ。
宮崎あおいは添え物。
どうせなら龍平の奥さん役で、ガッキーも添えて欲しかった。
脇を固めるベテラン勢は手堅い仕事。
役所広司と夏八木勲が目立ってた。

だけど総括して、作品としての完成度はどうなんだろう・・・
自然の風景描写は素晴らしかったけど、
人間ドラマの面にもうちょっと重厚さがあっても良かったと思う。

オフィシャル・サイト
http://www.tsurugidake.jp/




劔岳 点の記 レジェンド・ボックス [DVD]/浅野忠信,香川照之,松田龍平

¥6,825
Amazon.co.jp

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]/浅野忠信,香川照之,松田龍平

¥2,999
Amazon.co.jp

劔岳 点の記 [Blu-ray]/浅野忠信,香川照之,松田龍平

¥5,985
Amazon.co.jp

てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

Uzo☆mUzo 

映画試写会

監督 李闘士男
脚本 鈴木聡、林民夫
音楽 Coba
主題歌 希望という名の光/山下達郎

出演 岡村隆史、松雪泰子、吉沢悠、国村隼、渡部篤郎、原田美枝子

(あらすじ)
海をこよなく愛する主人公が故郷・沖縄で幼馴染みと結婚し、生活も安定してきたところで、
「愛する妻のために、昔のように美しい海を見せてやりたい」と考え、
すべてを投げ打って「サンゴ礁再生」を目指す。
妻子の理解、周囲の人間の協力を得て、
様々な困難に遭いながらも、サンゴの養殖に成功する。
実話の映画化。

(感想)
海の映像も美しく(それだけでも大画面で観る価値あり)、
脚本もわかりやすく、俳優陣の演技も手堅くて、良く出来た映画。
沖縄のイメージ・アップにもなっている。
出番は少ないが 渡部篤郎が良い味を出していた。

もう若くない人間が、0から出発し、結果がわからないままに何かをすることの大変さが
画面から良く伝わって来た。
主人公には学術的な知識はなかったわけだしね。
その分、達成出来た時の感動は大きい。

当人が飄々としているところ、
当初はバカにしていた人間たちが、成功し出すと掌を返し、
失敗するとあっさりまた元に戻るところがリアル。

自分の周囲には男を簡単に殴る女性はいないのだが、
ここは母親がパワフルで、嫁もだんだんと・・・
主人公が不甲斐ないからって、そんなに殴っていいのか?
笑いにしようとしていたんだろうけど、その部分は不快だった。

岡村の沖縄言葉を聞いていたら、
かまいたちの山内健司を思い出した。

しかし、現実にこんなことが達成出来たのは、
主人公のモデル(金城浩二さん)によっぽど人を惹き込む人間的魅力があったんだろうな。

オフィシャル・サイト
http://tida.goo.ne.jp/



主題歌

希望という名の光/山下達郎

¥1,000
Amazon.co.jp


てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]/岡村隆史,松雪泰子,吉沢悠

¥3,990
Amazon.co.jp


プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる