FC2ブログ

イングロリアス・バスターズ

$Uzo☆mUzo 

CDDVD

監督・脚本 クエンティン・タランティーノ

出演
ブラッド・ピット、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、
ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール、マーク・マイヤーズ、
ジュリー・ドレフュス

(あらすじ)

舞台はフランス。

1941年。
ナチスのユダヤ狩りで、
「ユダヤ・ハンター」の異名を取るランダ大佐(クリストフ)に
家族を殺され、ひとり逃亡するショシャナ(メラニー)。

1944年。
アルド中尉(ブラピ)率いる、ユダヤ系アメリカ人を中心とした、
「イングロリアス・バスターズ」がナチスを次々と虐殺していた。
死体の頭の皮を剥ぐ、というのが彼らの決まりだった。

ショシャナはミミューと名乗り、パリで映画館を経営していた。
彼女にドイツ軍のフレデリック(ダニエル)が近づいてくる。
彼は戦争の英雄で、彼をモデルにし、
彼自身が主演した映画「国民の誇り」の
プレミア上映会をショシャナの映画館で行うように提案した。
その席でランダ大佐に再会した彼女は、
ヒトラーやナチス高官も集まるその機会を利用し、
映画館を爆破して、彼に復讐することを決意する。

イギリス軍も、このプレミア上映を利用して
ナチスもろとも映画館を爆破することを計画しており、
現地にヒコックス中尉を派遣。
英国の二重スパイである、
ドイツ人の人気女優・ブリジット(ダイアン)に接触。
その計画にはイングロリアス・バスターズも動員されていた。
ところがそこにいたドイツ兵に怪しまれ、銃撃戦になる。
ブリジットだけが生き残るが、脚に怪我をした。

プレミア上映の夜。
アルドらはイタリア人を装い、ブリジットと映画館へ。
警備主任になったランダ大佐は、彼女たちへ疑惑の目を向けていた。
ショシャナは恋人の映写技師マルセルと共に復讐の準備万端。

果たして結果は・・・?

(感想)
タランティーノ、腕を上げたなぁ、と思った。
彼の映画の中で一番面白かった。
適度な緊張感が続き、
退屈するところがなかった。
台詞の妙とか、暴虐性とか、細部へのこだわりとか、
女優の使い方が荒いところとか、
彼の作品らしいトーンはそのまま。
「反戦を訴える」っていうノリは皆無。

ランダ大佐役のクリストフが素晴らしい。
オスカーも当然。
俳優陣は皆好演だった。
すぐに死んじゃうような役の人にもインパクトがあった。
(マチルダ役のアン=ソフィー・フランク、かわいかったな)

ただ、結末がね・・・
知性より暴力が勝った感じが・・・何か嫌だけど。
タランティーノっぽいといえば、そうなんだけど・・・。
アメリカ映画だしね。タイトルにもなっているからね・・・。
ナチスながら、ランダ大佐の知性は天晴だったので、
そんな人があんな風になるかなぁ・・・?と思ったけど。
名声に目がくらんだ、ってことなんだろうな。

ともかく、娯楽大作として楽しめる一本だった。

オフィシャル・サイト
http://i-basterds.com/




イングロリアス・バスターズ [DVD]/ブラッド・ピット,メラニー・ロラン,マイク・マイヤーズ

¥3,990
Amazon.co.jp

イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]/ブラッド・ピット,メラニー・ロラン,ダイアン・クルーガー

¥4,935
Amazon.co.jp

サントラ

イングロリアス・バスターズ オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥2,580
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる