FC2ブログ

王様とボク

王様とボク

監督・脚本 前田哲
脚本 やまだないと
音楽 吉岡聖治
主題歌 ours~ボクらの足跡~/Good Coming

出演 菅田将暉、松坂桃李、二階堂ふみ、相葉裕樹、松田美由紀、
中河内雅貴、村田駿介、上田瑠星、青木頸都、二宮慶多、藤田健心、
菅家有都

(あらすじ)

18歳になったミキヒコ(松坂)は
幼馴染みのトモナリ(相葉)宅で誕生パーティーをしてもらい、
キエ(二階堂)と結ばれた。

翌朝、彼は6歳から植物人間になっている友達・モリオのことを思いだし
涙する。

そんな中、そのモリオが目を覚ましたというニュースが流れる。
親族以外の面会は謝絶されていたが
ミキヒコとモリオ(菅田)は偶然再会することが出来た。
肉体は成長しているものの、モリオの精神は事故当時のままだった。


モリオの両親は既に離婚して各々再婚しており、
彼は地方でひとり入院生活を送っていた。


ミキヒコはモリオのことが頭から離れず、
大学を中退して彼と暮らすことを決心、
だがモリオは近所の小学生たちと仲良くなっており、
それを望んでいるようには思えなかった。


大人になりたくないミキヒコと
大人になれないモリオ。


バイクで転倒したミキヒコにキエから電話がかかってくる。
「今どこにいるの?」という彼女の言葉に
「・・・わかんない」と答えるミキヒコ。


モリオは夜、病院を抜け出し、フラフラと歩き始めた。

(感想)

感覚に訴える作品。
「名画っぽいムード」で作っているんだけど、
自分にはピンと来なかった。

そもそも何が言いたかったのかな・・・
モリオの状況には同情するけど。

解決するのが難しい問題だし、
解決出来ないというのが結論なんだろうが
それを解決する術を見せないのは
作り手の責任放棄に思えた。

唐突に(笑)「大人になりたくない」を連呼するミキヒコだが
キエのお兄さんや、トモナリのお母さんみたいな
素敵な大人を見ていれば、そんなふうに思わない気がするんだけどね・・・

「下品な宮崎あおい」こと二階堂は
単純にウザかった。
「こんな女に付きまとわれたら大変だ」と思う役。
相手の気力を失わせるネガティブ・パワーを持っている感じw
そんなふうには撮られていなかったけど・・・実際に存在したらそうだと思う。
彼女自身もそんな子っぽいけど・・・

松田美由紀は普段もこんな人っぽい。
こういう年の取り方って素敵だな。

クレジットではなぜか菅田がトップになっていたけど、
-彼の「6歳演技」は自分にはそれほど印象に残らなかった-
この映画は松坂桃李の魅力に尽きると思う。
彼のファンは絶対観るべき。

彼が放つ「雰囲気」があったからこそ、
これくらいの毒レビューで済んでいるんだけどね(爆)

★★★関連作品レビューへのリンク★★★

前田哲、吉岡聖治 映画猿ロックTHE MOVIE
松坂桃李 映画アントキノイノチ
二階堂ふみ 映画ヒミズ
松田美由紀 映画モンスターズクラブ

映画オフィシャル・サイト




「王様とボク」スペシャルBOX [DVD]/菅田将暉,松坂桃李,相葉裕樹

¥4,935
Amazon.co.jp

「王様とボク」 [Blu-ray]/菅田将暉,松坂桃李,相葉裕樹

¥4,935
Amazon.co.jp

「王様とボク」 [DVD]/菅田将暉,松坂桃李,相葉裕樹

¥3,990
Amazon.co.jp

主題歌

君想う唄/ours~ボクらの足跡~/Good Coming

¥1,000
Amazon.co.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる