FC2ブログ

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

監督 アン・リー
脚本 デヴィッド・マギー
音楽 マイケル・ダナ

出演 スラージ・ジャルマ、イルファーン・カーン、
レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー、
アディル・フセイン、タッブー

(あらすじ)

パイ(イルファーン)は
執筆が頓挫している作家の友人・ヤン(レイフ)に
信じられない自分の体験話を聞かせる。

-幼い日のパイは様々な宗教の神に関心を持っていた。
父親(アディル)や兄・ラヴィはそんな彼を笑っていたが
母(タッブー)は優しく見守っていた。

彼の父親は動物園を経営していた。
パイはその中のトラ・リチャード・パーカーに近づこうとして激怒され、
躾のために虎の凶暴な習性を見せ付けられた。

16歳になったパイ(スラージ)は
アナンディと初恋の真っ只中だったが
父が動物園を閉め、一家で
インドからカナダへ引っ越すことを決めてしまった。

売却する動物たちを連れた船旅。
コック(ジェラール)はとても感じが悪かった。

そんな中、船が沈没。
パイだけは救命ボートで逃げ出すが
その中にはシマウマ、オランウータン、
ハイエナ、そして、リチャード・パーカーも乗っていた。

興奮したハイエナはシマウマとオランウータンを襲い、
そんなハイエナをリチャードが襲った。


最初のうちは躊躇していたパイだったが
彼はリチャードを躾ようと苦闘する。
やがてリチャードもパイのいうことを聞くようになってくる。


長い漂流で絶望の淵に立った時、
彼はミーアキャットでいっぱいの島に流れ着いた。
だがそれが人食い島であることがわかり、
彼は食料を取ると再び海へ出た。
自分はまだ神に見捨てられた訳ではない、と考えなおすパイ。

メキシコの海岸に着いたパイは
リチャードが森の中に歩いて行くのを見た。
彼は住民に救出された。


日本の保険会社は
ただひとりの生存者である彼のこの話を信じようとしなかった。


なので彼は水夫、母親、コックと共に救命ボートに乗ったものの、
コックが水夫を殺し、母を殺し、
自分がコックを殺してしまった・・・という話に変えた。


-ヤンはパイの体験談と作り話が水夫=シマウマ、
母親=オランウータン、コック=ハイエナ、
トラ=パイ という比喩になっていることに気づいた。


その事を尋ねるヤンに
パイは「どちらのほうが人生が素敵に思えるか?」と応えるのだった。


(感想)

予告編を観て、是非観たい!と思った。
だってアン・リー+3Dだもん、
期待するなというほうが無理だ。

結論として・・・

これまでに観た3D映画の中で
一番物語に中身があるものになっていて、
大人から子供まで楽しめると思う。
子供向け冒険映画っぽいイメージだが、とても深かった。

映像は飛び出して欲しいと思ったものが飛び出してくる感じで
ソツがない。
驚(狂かも)異を感じるくらいの「自然」を堪能出来る。

ストーリーには「信仰」というものが強く根底にあり、
一般的な日本人である自分には意外な設定だったが
納得出来た。

結末の解釈は
各々の人生観で変わると思う。

サントラもとてもいい。

自分がトラと漂流した時に備えて・・・(笑)なんて
予習するつもりだったけど、
主人公があまりにお利口さんなので
真似出来そうになかった。

超映像と含蓄のある物語の融合をぜひ映画館で体験するべき。


★★★関連作品レビューへのリンク★★★

マイケル・ダナ 映画マネーボール
映画クロエ
映画きみがぼくを見つけた日
映画(500)日のサマー
映画Dr.パルナサスの鏡
イルファーン・カーン 映画アメイジング・スパイダーマン
レイフ・スポール 映画プロメテウス

映画オフィシャル・サイト



Life of Pi/Soundtrack

¥1,606
Amazon.co.jp


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる