FC2ブログ

SAFE セイフ

セイフ

監督・脚本 ボアズ・イェーキン
音楽 マーク・マザーズボウ

出演 ジェイソン・ステイサム、キャサリン・チェン、
ジェームズ・ホン、クリス・サランドン、ジョセフ・シコラ、
ロバート・ジョン・バーク、レジー・リー、アンソン・マウント、
サンドール・テクシー、ジェームズ・コルビー、マット・オトゥール、
ジャック・グワルトニー、ダニー・ホック、スザンヌ・サヴォイ

(あらすじ)

八百長試合で誤って相手をKOしたファイターのルーク(ジェイソン)は
元ニューヨーク市警の特命刑事だった。

大損害を被ったロシアン・マフィアに愛妻を殺され、ホームレスになったルーク。
腐食に塗れていたかつての同僚・ウルフ(ロバート)らに再会し、リンチされるルーク。

地下鉄で飛び込み自殺をしようとした彼の目に
怯えた表情で逃げようとしている中国人少女・メイ(キャサリン)の姿が入る。
それを追うのが妻を殺したロシアン・マフィアであることに気づいた彼は
彼女を助けて逃亡することになる。

メイは驚異的な記憶力を持っており、
チャイニーズ・マフィアのハン(ジェームズ)は彼女を幽閉し、
「動く暗証番号」にしていた。
一派がロシアン・マフィアとの取引に彼女を連れて行った際、
市警とイザコザが起き、その隙に彼女は逃げて来たのである。


メイが記憶させられた暗証番号が
マフィアたちの莫大な裏金が隠された金庫(=セイフ)のものであると知るルーク。
潜伏していたホテルにハンの子分のチャン(レジー)が現われ、
メイが連れ戻されてしまう。


ルークは
ロシアン・マフィアのボス・エミール(サンドール)の
息子・ファシリー(ジョセフ)を誘拐、
そのことで彼を脅してアジトを聞き出す。


ウルフらに分け前を持ちかけてハンのアジトに潜入して襲撃、
ウルフ以外は息絶える。


ファシリーとウルフを縛り上げて
車のトランクに閉じ込めるルーク。


一役買っていたトラメロ市長(クリス)から帳簿のディスクを奪い、
裏で牛耳っていた弁護士のアレックス(アンソン)に
メイと交換で渡す取引きを持ちかける。


アレックスはチャンらを射殺して彼女を連れてやって来る。
そしてルークとの銃撃戦に敗れて命を落とす。


マフィアたちには自分たちが動かぬ証拠を持っていることを強調し、
2人は安全に(=セイフ)一緒に暮らすのだった。


(感想)

最近変わりつつあるようだけど、
極悪中国人、中悪?ロシア人という
過去の映画の中でいかにも「らしい」かった設定。

ジェイソンを観ていて思ったのは彼の声の影響。
同じようにモゾモゾ話していても
善人役の時は優しく響き、
悪人役の時は陰湿に不快に響く。
ハゲ・アクション・スターとしてだけでなく
その声力に気づいた。
もっと役柄の幅を広げてもイケるんじゃないかな?

序盤、ホームレスの彼は匂い立ってくるように汚く、
役柄も情けないので、
彼の映画を観ている感じがないのだが
メイと出会ってからは
いつものようなキレ者に変身。
そこが鮮やか。

メイ役のキャサリンも適度なルックスで(笑)、
観客が役柄の状況に同情させることに成功している。
ナイス・キャスティング。

この2人に魅力があったし、
アクションや展開も退屈させないものだったので、
自分は最後まで
-意外と詰めが甘いマフィアのことまで-楽しめた。

おすすめ。

★★★関連作品レビューへのリンク★★★

ボアズ・イェーキン 映画プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂
ジェイソン・ステイサム 映画ブリッツ
映画メカニック
映画ロシアン・ルーレット
映画エクスペンダブルズ
ジェームズ・ホン 映画カンフー・パンダ2

映画オフィシャル・サイト




クリック、よろしくお願いします↓


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる