FC2ブログ

学校裏サイト

蟄ヲ譬。陬上し繧、繝・convert_20101025172105

監督・脚本 福田陽平
脚本 山本清史
音楽 片岡宏介
主題歌 GAME OVER/+Plus

出演 山田悠介、水沢奈子、白石隼也、片岡信和、三津谷亮、松田祥一、街田しおん

(あらすじ-ほぼネタバレ)

-世の中には勝ち組と負け組しかいない。
勝ち組であり続けるためには、
自分より弱い者を見つけ、負け組にし続けなければならない-

そう考えて毎日を過ごしている高校生の藤原(山田)は、
等々力(白石)らにいじめられている真田(三津谷)にそんな言葉を投げかけ、助けない。
進路に有利になるように生徒会長を務めるなど、計算高く生きている。

藤原は自殺未遂をした真田を訪ねるように担任(街田)に頼まれ、
その途中で、複数の人間に襲われる。
交わしながら、そのうちのひとり、中島(松田)から
学校のプロフサイトに登録している人間が
強制的にゲームに参加させられていることを知る。

内容は、他人の携帯電話を奪うとポイントを得られ、
そのポイントで、晒されている自分の個人情報を消去出来る、というもの。
余ったポイントは換金出来て、
ポイントが0になると、自分の秘密が暴露されてしまうのだった。

この年頃にとっては、秘密を暴露されるのは、耐え難い屈辱的な行為だった。

秘密を暴露されたくない藤原は ゲームに積極的になる。

千織(水沢)や、
同盟を組んで、
バス移動で難を逃れようとする政治家の息子・紙屋(片岡)らと知り合う藤原。


攻撃を交わし、戦いは殺人へと発展していく。

紙屋らは仲間割れをし、等々力たちの餌食になる。

千織を利用し、等々力を倒そうとする藤原。

死闘の末、等々力を殺した藤原だったが、そんな彼を千織が襲う。
そして、彼の知られたくなかった秘密を語り出す-


藤原の秘密は、中学時代、ある女生徒をいじめから庇ったせいで、
自分がいじめられたことだった。
その時、彼女は庇ってくれず、彼は失望し、彼女を犯した。
彼女はその場で自殺した。
その妹が千織だったのだ。


千織はこの秘密を暴露すると言う。
藤原は絶望して自殺。
だが、暴露された秘密は その事ではなかった・・・


千織はゲームの企画者・真田に、復讐完了の報告をする。

-巷では、政府がこのゲームをしかけ、不良を一掃しているという
都市伝説がささやかれていた。


そして、今日も・・・・。

(感想)

子供たちの裏サイトやネットいじめ、って最近ちょくちょく聞くので、
どんなものなのだろう?と興味があって、観てみた。

これは
「バトル・ロワイアル 高校生版・最新型」って感じ。
携帯携帯やネットなどがモチーフになっているところがポイント。

映画バトル・ロワイアルは、
残酷描写を映すことで、命の尊さ・反戦を訴えようとしていたと思うので、
観た時は「どうしてこれをR15指定にしちゃったんだろう?」と思ったけど・・・
小学生の模倣犯が出て、ガッカリした(ノ_・。)

この映画にはそんなものは感じなかった。
ただ残酷。これこそR15にすべきだと思う。

この映画の救いとみどころは、
山田ら若手男優たちの軽やかなアクション。
彼はなかなか個性的だから、これから伸びそうだな。

結局、子供は大人の真似をしているんだ、ってことだと思う。
子供の社会は 大人の社会の反映。
陰湿ないじめ社会の世の中を変えるには、
まず大人がしっかりしないといけない。

模倣犯が出ないことを祈りたい。


オフィシャル・サイト
http://www.cinemacafe.net/official/gakko-urasite/



学校裏サイト [DVD]/山田悠介,水沢奈子,白石隼也

¥3,990
Amazon.co.jp

主題歌

日向に咲く夢/+Plus

¥1,575
Amazon.co.jp

日向に咲く夢/+Plus

¥1,260
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる