FC2ブログ

やすらぎの刻〜道 第6週



テレビ2019/04/08-

脚本 倉本聰
演出 藤田明二
音楽 島健
主題歌 進化樹/中島みゆき
離郷の歌/中島みゆき
慕情/中島みゆき

出演

浅井しの/清野菜名
根来公平/風間俊介

母・アヤ/岸本加世子
兄・公一/佐藤祐基
兄・三平/風間晋之介
妹・信子/栗本有規
妹・幸子/遠藤璃菜

鉄兵/平山浩行
ハゲ/両角周
ニキビ/関口アナム
青っ洟/若林元太

ゆき/冨士真奈美
茂/古川がん
とめ/東山明美
犬山/澄人
ヨシコ/真凛



菊村栄/石坂浩二

(あらすじ)

鉄平の計らいで
木の枝を使った文通をすることになった
三平としの。



ニキビの祖父・茂が姿を消した。
痴呆気味ではあったが、
桑畑を燃やしたあたりから激しくなっていた。
一家は茂を残して
満蒙開拓団に参加するつもりだった。

鉄平が茂の生まれた村まで探しに行くと、
茂と同じような状況の
トメという老女も姿を消していた。
茂とトメは若い頃恋仲だったが、
無理矢理仲を引き裂かれていた。

二人はゆきに発見され、
公平とニキビは鉄平に連れられて
彼女の話を聞きに行く。
思い出の場所で
楽しそうに歌を歌っていたという2人。

鉄平は
茂とトメの行動は
人間が持つ原風景によるものだと話すのだった。
そして公平は
ニキビも
しのに思いを寄せていることを聞く。

青っ洟が3歳年上のヨシコと婚約した。
満蒙開拓団や戦争のためにも
子供をたくさん作るのが
お国のための男の勤め、という風潮になっていた。
非国民という言葉が使われ出した。

公平は三平に
しのと早く結婚して子供を作れと言うが、
これから徴兵されるであろう中で
好きな人を不幸には出来ないと言われた。
公次にも好きな人がいたらしい。

公平たちはヨシコを見に行き、
二人が接吻を交わすのを目撃するのだった。

しのはアヤに教わって機織りをしていた。
誰のために織っているのか訊く公平。
三平のためではないらしく、
それとなくニキビのことも言ってみるが、
公次に渡すらしい。

そんな中、公平たちは
ヨシコが犬山のお手付きであり、
今も関係を続けていることを
犬山が吹聴していることを知る。

3人は犬山を制裁しようと鉄平に相談、
やるのなら
戦争と同じように
自分が正義だという覚悟を持ってやるように言われる。
そして
ヨシコと逢瀬をした後の犬山を襲撃する。

翌日、青っ洟がヨシコを紹介しようと
根来家の畑にやって来る。
平然としているヨシコに
公平は女の怖さを感じるのだった。



(感想)

自分が伝えたいことを
きちんと脚本の中に組み入れる
倉本の手腕はさすが。
ああ、そこにつながるのか、と。

若い役者たちの個性が
だんだんと引き出されて来た。
ベテランの個性が引き出されている
「やすらぎの刻」と対になっていて、
構成も面白いなと思う。

テレビやすらぎの郷

テレビオフィシャル・サイト

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる