弟の夫 第1回



テレビ2018/03/04-2018/03/18 全3話

演出・脚本 戸田幸宏
脚本 吉田照幸
原作 田亀源五郎
音楽 阿南亮子

出演 
折口弥一・涼二/佐藤隆太
マイク・フラナガン/把瑠都
夏菜/根本真陽
平田夏樹/中村ゆり

ユキちゃん/平尾菜々花
トモくん/下田旬
小川一哉/小林喜日

税理士/黒田大輔
斎藤敏雄/諏訪太朗

(あらすじ)

折口弥一と涼二は双子の兄弟。
12歳の頃、
涼二は弥一に自分がゲイであることを告白する。
以来、2人はあまり喋らなくなってしまい、
その後涼二は16歳でカナダに留学したまま
永住権を取得した。

その涼二がカナダで事故死、
同性婚していたマイクが来日する。

弥一は夏樹と結婚し、娘・夏菜を儲けたが、
仕事に熱中しすぎて家庭を顧みず、夏樹が浮気。
離婚して、今は小学生の夏菜と2人暮らし。
現在は家賃収入で暮らしており、
夏樹は仕事に没頭していた。

ゲイであるマイクにどう接していいのかわからず
戸惑う弥一だったが、
夏菜はマイクにすっかり懐き、
マイクは折口家に滞在することになった。

近所の人には
「涼二の友達」と紹介する。

税理士はマイクの来日は
涼二の遺産狙いでは?などと言う。

夏菜は友達のユキちゃんやトモくんに
「叔父」のマイクについて語る。
「男と男が結婚出来るの?」という話になる。

夏樹が折口家を訪ねて来た。
マイクも入った楽しい時間に
夏菜は「ずっとこんな生活が続けばいいのに」と思うが、
離婚する前の夫婦は罵り合っていたものだった。
現在は仲も良い元夫婦は
ラブホに行ってセックスする。

涼二から聞いていた幼い日の思い出の場所を訪ね、
友人と会って泥酔して帰宅し、
涼二を亡くした悲しみに暮れるマイクに
弥一は人を愛する純粋な気持ちは
同性愛も同じだと理解し始めると共に、
初めて弟の死を実感した。



(感想)

話題になっていたので見てみた。

ここ数年で急激に
LGBTの権利を尊重する動きが活発になって来ている。
彼らを迫害することはないと思うが、
彼らの生き方を一般的だと認めてしまうと、
自然の摂理に逆らうことになると思う。
なので賛同はしない。

セックスは子孫繁栄のために行う行為-
というのは
もはや建前にもならなくなった今日の貞操観念だが、
その姿勢は忘れてはいけないことだと思うのだ。

そんな考えの自分が見たこのドラマの感想。

こんなゲイ見たことない(爆)

周囲のゲイたちを見ると
ゲイって異常だと思う。

友達=セックス相手、
「大切な恋人が出来ました」→2週間で破局、のくりかえし、
精神年齢が幼く、情緒不安定で精神科通い、
自分本位なものの考え方でストーカー行為、
トイレでの男漁りに痴漢行為、
素性も知らない相手とその場限りのセックス…

異性愛でもこういう人はいるだろうけどね。

偏見のない目で見ようと思っても、
こんなのばっかりが目につくので、
自分にとってはゲイ=心の病のイメージ。

マイクのような
精神的に成熟したゲイになんて
会ったことない。

それから女・子供の描き方もどうもね…
こんな都合のいい奥さんや娘、いないんじゃない?
別れた夫婦がホテルでセックスするっていうのも、
とてもゲイっぽい思考のような気がした。

もう完全に絵空事というか、
夢物語だなぁって感が拭えない。

優しく穏やかな雰囲気で誤魔化す作品に
心酔しちゃう視聴者が昨今本当に多いけど、
実情を知ってから判断するべきだと思う。

もうひとつ気に入らないのが、
「お母さんに大きな声を出さないで!」って
夏菜が弥一に言うんだけど、
-離婚の2人の言い争いを思い出して-
世の中にはたくさん理不尽に大きな声を出す人はいるし、
大きな声を出されるようなことをする人はいるんだから、
そこを理解させる躾をするべきじゃないかな。
今の子供たちの精神的な脆さは
こういう妙な守られ方をされているのが原因ではないかと思う。

全編イライラ。

テレビオフィシャル・サイト



原作漫画

弟の夫 全4巻セット弟の夫 全4巻セット
2,680円
Amazon



弟の夫 : 1 (アクションコミックス)弟の夫 : 1 (アクションコミックス)
Amazon



弟の夫 : 2 (アクションコミックス)弟の夫 : 2 (アクションコミックス)
Amazon



弟の夫 : 3 (アクションコミックス)弟の夫 : 3 (アクションコミックス)
Amazon



弟の夫 : 4 (アクションコミックス)弟の夫 : 4 (アクションコミックス)
Amazon


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる