FC2ブログ

トットちゃん! 第7週



テレビ2017/10/02-

脚本 大石静
原案 黒柳徹子
演出 星田良子、遠藤光貴
音楽 S.E.N.S. Project
主題歌 トモエ学園/福山雅治
ナレーション 大下容子

出演 

黒柳徹子/清野菜名
黒柳朝/松下奈緒
黒柳守綱/山本耕史
赤田市子/野村麻純

シイナ/小澤征悦
伊藤華子/高岡早紀
ダニー市川/新納慎也
エミー市川/凰稀かなめ
上原富夫/隈部洋平
上原かなえ/黒坂真美

井上えつ/八木亜希子
木島吉秋/田野倉雄太

門山三好/古村比呂
河合茂子/山下容莉枝
児玉久興/本多力

井川咲子(シャープ)/趣里
宮城先生(ブタプリン)/深沢敦

魚屋/不破万作
塗装屋/小野了

易者/梶原善
高部清明/松田賢二

大岡龍男/里見浩太朗
吉川/伊藤正之

(あらすじ)

易者の予言どおり、
徹子はコーラスを外されて
「声」を失った。

徹子は「シャープ」というあだ名をつけた咲子に、
あまりに喋りすぎるからと
「チャック」というあだ名を付けられる。

さらに易者は、
徹子の名が全国津々浦々に知れ渡ること、
晩婚であることを予言、
詳細を知りたければ鑑定料千円を、と言う。

戦地で守綱の演奏で生きる力が沸いたと言う高野が
玉ねぎを持って訪ねて来た。
徹子は玉ねぎに愛着を持つようになる。

易者の予言に立腹した守綱は文句を言いに行くが
会えず仕舞い。
徹子に「女は結婚して
子供を産んで育てるのが一番の幸せ」だと説く。
徹子の芸術的な才能にも否定的だ。

守綱は、
戦争未亡人となって
たばこ屋を経営する朝の叔母・えつと会う。
彼女に女が一人で生きていく孤独を感じるが、
実はそうでもなさそう…

朝はえつを訪ねて行くが、
感激の再会も慌ただしく、
えつは彼女に店番を頼んで出かけてしまった。

帰りが遅いのを心配した守綱と徹子が様子を見に行くと、
えつが年下の恋人・木島とのデートから
帰って来たところだった。
朝は2人の交際に賛成するが、守綱は不快に思う。

エミーが黒柳家にやって来た。
ダニーが出て行ってしまったのだと言う。

徹子は、対照的なえつとエミーを見て、
恋は人を楽しくも悲しくもさせるが、
女を美しくするものだと思うのだった。

ダニーはそれから消息が途絶え、
エミーは踊りを捨ててシイナのカレー店で働き始めた。

黒柳家に住み込みのお手伝いの市子がやって来た日、
徹子は訪ねて来た華子に
卒業後の進路について尋ねられる。

後日、学友たちは
しっかり就職活動をしていたことに驚く徹子。

人形劇を観に行った徹子は、
子供に上手に人形劇や読み聞かせが出来る
お母さんになることに決め、
テレビ放送を開始する
NHKの専属俳優の募集広告に関心を持つ。

両親に内緒で面接を受けに行き、咲子を見つける。
若干名に6000人の応募という倍率の上に、
散々な出来で自信を失う。
市子には事情を話し、協力をしてもらうことになる。

藤原歌劇団への入団が決まっている咲子だが
本命はNHKだった。
咲子は内緒を約束する徹子に初めて打ち解ける。

咲子も徹子も一次試験に合格、
二次の筆記試験も合格、
三次と四次と合格して、最終試験の40人に残る。

最終面接で失言したものの、合格。
その際、父が守綱であること、
受験を内緒にしていることを話し、
面接官の吉川が自宅へ守綱を説得しに来るが、
守綱は大反対。




朝は、徹子が守綱の才能を受け継いでいるのだと説得、
彼は最終試験に合格した徹子のNHK入りを認めるのだった。

(感想)

山本耕史がいい感じ。

えつ叔母さんはかわいい。
ダニーは面倒臭い性格だが、
エミーもメンヘラチックでコワい(笑)

だんだん黒柳一家への賛美調が
ウザくなってきた。
周囲に徹子みたいなのがいたら
鬱陶しいだろうなぁ…無敵すぎる(笑)
清野がかわいいので観ていられるけど。

里見が演じている大岡役は
映画トットチャンネル では植木等、
テレビトットてれび では武田鉄矢が演じていたけど…
配役に一貫性がない…(笑)

最近S.E.N.S. Projectの音楽が
耳から離れない。祝・サントラ発売。

来週から出演者が豪華になる模様。

テレビオフィシャル・サイト

次週の
トットちゃん!は ↓


「トットちゃん!」オリジナル・サウンドトラック/S.E.N.S. Project

¥2,500
Amazon.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる