わろてんか 第6週



テレビ2017/10/02-

演出 本木一博、東山充裕、川野秀昭
脚本 吉田智子
音楽 横山克
主題歌 明日はどこから/松たか子
ナレーション 小野文恵

出演 
てん/葵わかな
北村藤吉/松坂桃李

藤岡儀兵衛/遠藤憲一
藤岡しず/鈴木保奈美
藤岡ハツ/竹下景子
藤岡りん/堀田真由
波多野弥兵衛/中村凛太郎

武井風太/濱田岳
トキ/徳永えり
平助/国木田かっぱ
サエ/徳田尚美

伊能栞/高橋一生
杉田楓/岡本玲

北村啄子/鈴木京香

万丈目吉蔵/藤井隆
リリコ/広瀬アリス
キース/大野拓朗
万丈目歌子/枝元萌
アサリ/前野朋哉
岩さん/岡大介

亀井/内場勝則
寺ギン/兵動大樹

(あらすじ)

にひひ第6週 ふたりの夢の寄席

売れない芸人が集う
天満の貧乏長屋に引っ越した
てん、藤吉、啄子。

啄子はアサリを引き連れて
野菜の振り売り(天秤売り)を始めるが腰を痛め、
藤吉がそれを引き継ぎ、寄席小屋探しを始める。
てんは針仕事と万々亭で働いて生活を支える。

その中、亀井が所有する端席の空き小屋を見つけて
交渉を始めるが、うまくいかない。



藤吉はリリコが中年男から後妻になるように
口説かれていることを聞き、反対する。
リリコは藤吉への思いを口にするが、
彼はてんへの気持ち、
女義太夫としてのリリコの才能、
寄席小屋をそんな彼女が活躍する場にしたいと口にし、
嫉妬していたてんもそれに共鳴する。

藤岡屋では儀兵衛の体調が悪くなっていたが、
それを公言しないようにしていた。

風太は藤吉を訪ねて、
それとなくてんの帰郷を促すが、
成功するまでは、と断られた。

亀井の苦労をかけた亡妻への思いを聞き、
てんは藤吉と共にそれを引き継ぎたいと彼を説得、
亀井から許可が出る。

啄子は反対し、
芸人たちは彼女の説得を試みる。

啄子はその小屋を見に行き、
昔幼い藤吉を連れて入った寄席であることがわかる。
その日、彼女は夫の女遊びに愛想が尽き、
藤吉と心中しようと思っていたのだが、
それによって救われたのだった。

彼女はやっと認めたが、
亀井の前に太夫元(興行主)の寺ギンが現れ、
即金で五百円(現在の500万円)を出す彼に
売ることにしたと言う。
藤吉の場合は長期での支払いだった。

てんは実家を訪ねて借金を申し出る。
断られたところへ藤吉がやって来て、
その姿勢を聞いた儀兵衛は五百円を渡すのだった。
てんと藤吉はりんの許嫁の弥兵衛と対面する。

小屋は2人のものとなった。

リリコは一流の芸人になるために
東京へと出て行った。

(感想)

人情交渉は大阪商人ど根性モノの王道で
それはそれで気分が良かったが、
結局、
まぁ、こうなるんだろうなぁとは思っていたけど、
実家を頼ることになって…
やっぱり親になったら
経済力はないとダメだな、と(笑)

遠藤憲一っていい役者だなぁ。
てんと2人のシーン、じーんときた。
父親って感じだった。名シーン。
さりげなくおばあちゃんの竹下が尽力するところも
温かくて良かった。

テレビオフィシャル・サイト




連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)/NHK出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上/NHK出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

サントラ

連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック/アリオラジャパン

¥3,240
Amazon.co.jp

主題歌

明日はどこから/アリオラジャパン

¥1,080
Amazon.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる