FC2ブログ

やすらぎの郷 第26週(最終週)



テレビ2017/04/03-

脚本 倉本聰
演出 藤田明二、阿部雄一、池添博、唐木希浩
音楽 島健
主題歌 慕情/中島みゆき

出演 
菊村栄/石坂浩二
白川冴子(お嬢)/浅丘ルリ子
及川しのぶ/有馬稲子
水谷マヤ/加賀まりこ
名倉みどり/草刈民代
三井路子/五月みどり
松岡伸子/常盤貴子
名倉修平/名高達男
井深涼子/野際陽子
高井秀次/藤竜也
菊村律子/風吹ジュン
財前ゆかり(ハッピー)/松岡茉優
真野六郎(マロ)/ミッキー・カーチス
九条摂子(姫)/八千草薫
岩倉正臣(大納言)/山本圭
白鳥洋介/上條恒彦
榊原アザミ/清野菜名

三角寛次/山谷初男
堺田俵介/毒蝮三太夫
貝田英信/藤木孝
原田/伊吹吾郎
那須/倉田保昭
中井竜介/中村龍史

宮下一馬/平野勇樹
川添夕子/松本ふみか
風間ぬい子/広山詞葉
三枝奈々/東松史子
中里正/加藤久雅
進藤秀夫/山下澄人
橋本忠吉/納谷真大
野村伊三郎/芳野史朗
菅野平助/西岡ゆん
村松豊/福崎峻介
冲正之/熊澤洋幸
千倉和夫/森谷勇太
荒木実/関健介
正岡治/池田絢亮
田辺三郎/湯川尚樹

ゲスト
大道洋子/大原麗子(写真)
中山/近藤正臣
海辺で会った作業員/上川隆也
侘助/小松政夫
「湯の香荘」主人/片岡鶴太郎
「湯の香荘」女将/大塚良重
羽村俊一郎/神木隆之介
マッサージ師/笑福亭鶴瓶

第26週(最終週) あらすじ

栄はアザミからの
「手を離したのは私」の第3稿を読み、
感想をメールをして、
直美が亡くなった福島を訪ねようと思っていることを告げると、
アザミも一緒に行くと返事をして来た。
摂子と加納の死の悲しみを癒したかった栄は、
その後に磐梯熱海の温泉に行くつもりだった。
アザミも同行すると言って来る。

そこへウェディング・ドレスを着たお嬢と
マヤがやって来た。
路子の結婚の話を聞いて感化された女たちが
ウェディング・ドレスを着て
コンテストをすることになったのだと言う。

その日、みどりが住民に
加納の死をアナウンスした。

カサブランカで加納の最期を
皆に話す栄。

いわきに行く前日、
栄は東京で律子の墓参りをする。
善福寺にあった実家は壊され、
空地となっていた。

久々に侘助を訪れた栄は
そこで中山と会う。

現役で仕事をしながら、体が不調の中山。
中山は今人気絶頂の俳優たちが
摂子を知らなかったことに驚いたと言うが、
栄はその俳優たちのことを知らなかった。
時の流れを感じる栄。
加納の人柄に対して中山を含む業界人たちは
誤解を抱いていたが、そのことは黙っておく。

いわきを訪ね、浜辺にたたずむ栄に
原発の作業員が声をかけて来た。
彼は娘を津波で亡くしたこと、
原発での仕事の様子を栄に語った。
辞めたいが、
東京オリンピックによる人手不足と、
金がいいので抜け出せない。
仕事が出来るのは1日せいぜい15分、
既に大分汚染されている肉体、
制服は2Lまでなので、
太れば仕事が辞められるが、太らない。
 
そこへアザミがやって来た。
2人は跡地に線香をあげる。

磐梯熱海の旅館へ着く2人。
顔なじみの主人は
直美に瓜二つのアザミに驚く。

-栄が40代の頃、
映画の仕事でここに籠っていた。
そこへ当時不倫の関係にあった20歳の直美が
突然訪ねて来た。
2人は同じ部屋に寝たが、肉体関係はなかった。
栄は直美のひたむきさが怖かったのだ。
手を離したのは私-栄は直美の手を離したのだ。

栄はアザミの部屋に電話して入浴を勧めるが、
露天風呂は混浴なので
内風呂に入るように言う。

そして自分は露天風呂に向かうが、
アザミが入浴していた。

彼女は一緒に入るように勧めるが、
栄は入れない。
彼は加納と摂子のことについて話し出す。

栄の部屋で夜食となり、
彼は自分が書いてみた「手を離したのは私」の
脚本を彼女に渡す。

その夜、栄はすっかり泥酔して
醜態をさらしてしまう。

朝になり、主人から
自分がおもらしをし、
それをアザミが処理したことを聞く栄。

そのことを詫びる栄に
アザミは栄が書いた脚本への感動、
自分の書いた脚本の拙さを口にする。

栄は、それが自分が手を離した直美への
贖罪であったことを告白する。

アザミは実はあの脚本は
自分の恋人・羽村が書いたものだと告白する。

心が折れた栄だったが、羽村と対面し、
あの脚本は素晴らしいが
今のテレビ局はそれを見る目がないとアドバイス。
色紙を頼まれ、
「樹は根に拠って立つ。
されど根は人の目に触れず」と書く。

夜になり、マッサージを受けながら
栄は80歳になって
孫ほど年の離れたアザミへ抱いた恋心を自嘲し、
律子にすべてを語りたい気持ちになるが、
律子はもうこの世にいないことに気がつき、涙を流す。

翌朝、栄は自分と同じ孤独を持って生きている仲間たちがいる
やすらぎの郷に帰って行くのだった。

(感想)

故・野際の出番が少なかったのはしょうがなかったとはいえ、
路子=みどりのことが語られているのに
出て来なかったみどり。
「台詞が覚えられなかった」なんて話を聞き、
熟女Bで、かまきり夫人だった頃の彼女を
見ていた自分としては悲しい。
その頃小学生だった自分も
中年Bになっているのだから
みどりに老化現象があっても当然なのだが。

やっぱり洋子は麗子だった。
「少し愛して 長く愛して」と囁いていた頃を
見ていた自分としては…
全然ファンじゃなかったけど、
やっぱり淋しいものがある。
最近の女優にはきれいな人がいないけど、
この人は本当に美人だった。

家の継承精神、
自分らの年代は
両親に戦中派と戦後派が混ざっているので、
常識や価値観、考え方の過渡期だったりするのだが、
自分は老いた親の面倒を見ることを含めて、
継承していくべきだと考えている。

原発作業員の実態に驚いた。
想像以上に酷い…言葉もない。

♪かもめはかもめ
♪UFO
♪プレイバックPart2
自分が子供だった頃のヒット曲の
インパクトの強さを改めて思う。

酩酊した石坂の演技がクレイジー。
素晴らしき壊れぶり。
この人にはまだまだ役者としての幅がある。
これまでのインテリジェンス(少々イヤミ)な
うんちくおじさんの顔を捨て、
権力をかさにやりたい放題やる
煩悩丸出しの政治家の役とかを演じて、
亡くなるまでにぜひ演技賞を獲って欲しい。

清野と神木の演技を観て、
倉本ファミリーの吉岡秀隆の演技のリアルさに気がつく。

普段疑問に思っていたことを
はっきり提唱してくれ、
蓋をされている臭いこと、きな臭いことを表に出し、
非常に考えさせられる、
最終回まで攻めの姿勢を崩さず、
それでいて下世話さもある、
近頃稀有な面白いテレビドラマだった。

樹は根に拠って立つ。
されど根は人の目に触れず

心に留めておきたい。

そしてアザミは
来週からトットちゃんになるのだった…(笑)

テレビオフィシャル・サイト

やすらぎ体操


やすらぎの郷 DVD-BOX I/石坂浩二

¥19,440
Amazon.co.jp

やすらぎの郷 DVD-BOX II/石坂浩二

¥19,440
Amazon.co.jp

やすらぎの郷 DVD-BOX III/石坂浩二

¥23,760
Amazon.co.jp

シナリオ

やすらぎの郷(上) 第1話~第45話/倉本 聰

¥価格不明
Amazon.co.jp

やすらぎの郷(中) 第46話~第90話/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

やすらぎの郷(下) 第91話~最終話/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

サントラ

帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』オリジナル・サウンドトラック/ビクターエンタテインメント

¥3,240
Amazon.co.jp

テレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』オリジナル・サウンドトラック/Victor

¥価格不明
Amazon.co.jp

主題歌・挿入歌

【早期購入特典あり】慕情(オリジナル・ポケットカレンダー付)/中島みゆき

¥1,080
Amazon.co.jp

慕情/中島みゆき

¥1,080
Amazon.co.jp

やすらぎ体操

DVD付き みるみる健康、そこそこ長生き! みんな元気にやすらぎ体操 (主婦の友生活シリーズ)/主婦の友社

¥価格不明
Amazon.co.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる