FC2ブログ

モンスターズ/新種襲来

ポスタ

原題:MONSTERS:DARK CONTINENT

映画2016/01/09

監督・脚本 トム・グリーン
原案・脚本 ジェイ・バス
音楽 ニール・ダヴィッジ
音楽監修 ロル・ハモンド

出演 サム・キーリー、ジョニー・ハリス、
ジョー・デンプシー、カイル・ソーラー、
ニコラス・ピノック、パーカー・ソーヤ、
フィリップ・アルディッティ、ソフィア・ブテラ

(あらすじ)

米軍は中東で
地球外生命体との闘いと、
武装勢力との戦いを繰り広げていた。

米軍兵士のマイケル(サム)は
そんな戦場に幼なじみでもある同僚の
フランキー(ジョー)、ショーン(パーカー)らと
派遣された。
フランキーは子だくさん、
ショーンは父親になったばかりだった。

フレイターニ軍曹(ジョニー)の指揮で
危険地帯で連絡を絶った部隊の救出任務に当たった
一同だったが・・・

(感想)

映画モンスターズ/地球外生命体 (2011年) の続編。
前作を観ていなくても特に問題はなし。

前作の監督であるギャレス・エドワーズは
実力が認められて 映画GODZILLA ゴジラ (2014) の監督に抜擢された。
今作では製作に名を連ねている。

前作も 恋愛モノのなかにモンスターを入れてみた、って感じの
異色なタッチだったが
今作も 戦場モノのなかにモンスターを入れてみた、っていう
異色の作品。

こういうタイプのモンスター映画はなかったのは確か。

が、タイトルから受ける印象そのものの作品を
期待しているなら肩透かしを食らう。

前作は低予算映画ながら
それを感じさせない工夫を感じさせたが、
今作は予算が増えたので色々足すことが出来ました、って感じ。

共通する特徴としては
前作同様、人間ドラマがきちんとしていて、
登場人物の感情の機微を細やかに捉えており、
俳優たちの演技に見応えがある。
今作ではハリスの懇親の演技が光る。

兵士たちの生活を前半に描いていたので
感情移入が出来て、その苦悩がしっかり浮かび上がる。
また、中東の人たちをただの敵として描かず、
その気持ちも代弁しているので偏狭な感じがない。

飽きたわけではないが、
今作はちょっと長いかな。

「共存」「侵略」を感じさせる描写に
これからも作品が続くことを確信。

映画オフィシャル・サイト



サントラ

Monsters: Dark Continent/7Hz Productions

¥価格不明
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる