FC2ブログ

欲動

ポスタ

映画2014/11/22
CD2015/06/03

監督 杉野希妃
脚本 和島香太郎
音楽 冨森星元

出演 三津谷葉子、斎藤工、トム・メス、
杉野希妃、高嶋宏行、松崎颯、コーネリオ・サニー

(あらすじ)

千紘(斎藤)・ユリ(三津谷)夫妻は
出産を控えた千紘の妹・九美(杉野)が
夫・ルーク(トム)と暮らすバリへやって来た。
心臓の病気で死期を悟った千紘が望んだのだ。
ユリは看護師なので
自宅出産をする九美は心強かった。

千紘の情緒は不安定だった。

喧嘩してひとり彷徨うユリは
ルークの友人である木村(高嶋)に会い、
ストレス発散にクラブに連れて行かれる。
そこで彼の友人・イキ(松崎)を紹介された。

ある男がクラブで彼女につきまとってきた。
犯されそうになった彼女は逃げる。
だがその男・ワヤン(コーネリオ)も2人の知人だった。

翌日、イキの働く店に行ったユリはワヤンと再会し、
2人に促されて海辺を散歩し、迫られて関係を持った。


イキの店で着替えて帰宅すると
九美が産気づいていた。


無事出産する九美。

その様子を見た夫婦は寄り添うようになった。

朝焼けの海辺、千紘はユリを呼ぶ。

(感想)

コレ で徹底的にけなした杉野が監督。
またけなしてやろうと思って鑑賞(笑)

でも「大人のバリ」の宣伝映画としては悪くなかった。

生命力溢れるバリの民族音楽に
死・生・生の象徴としての性を描こうとしたんだろうな。
したんだろうけどね・・・陳腐だった。

出産を「快楽の果ての苦しみ」と表現するあたりが
やっぱり偏った性格だなぁ、と思った。
上っ面だけをなぞった、何も知らない人の発言。

こんなのに感銘を受けるのは
いい歳して真剣にアメーバなうをやっているような
孤独で幼稚で歪んだ人たちだけだろうけど・・・
今、そのレベルの大人は結構多そうだけどね(爆)

だけどラストシーンの映像は凄かった。
あの景色を撮ったのは凄い。称賛。
俳優たちの出演場面は無価値だったけど-
斎藤の演技はキムタクみたい。

その意味合いを考えるほどのストーリーじゃないにしても、
あの景色を「死の暗示」と捉えるか、
「生への幕開け」と捉えるかで
その人の人生観は違うだろうな、と思う。

映画オフィシャル・サイト



欲動 [Blu-ray]/三津谷葉子,斎藤工

¥5,184
Amazon.co.jp

欲動 [DVD]/三津谷葉子,斎藤工

¥4,104
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる