FC2ブログ

おとうと

縺翫→縺・→_convert_20101130020210

監督・脚本 山田洋次
脚本 平松恵美子
音楽 冨田勲

出演 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、加藤治子、小林稔侍、小日向文世、
石田ゆり子、森本レオ、笹野高史、近藤公園、キムラ緑子、横山あきお、茅島成美、
ラサール石井、池乃めだか、佐藤蛾次郎、田中壮太郎、中居正広

(あらすじ)

吟子(吉永)は夫(近藤)亡き後、薬局を切り盛りしながら
女手ひとつで娘・小春(蒼井)を育てて来た。
その小春とエリート医師との結婚式に、
小春の名付け親でもある
問題児の弟・鉄郎(鶴瓶)が大阪からやって来て、泥酔して式を引っ掻き回した。
毎度その調子の鉄郎に兄(小林)は絶縁を宣言、
小春の嫁ぎ先や
同居する姑の絹代(加藤)にも嫌味を言われる吟子。

小春の結婚生活はうまくいかず、出戻って来た。

そんな中、鉄郎に金を貸したというひとみ(キムラ)がやって来て
吟子が肩代わりをする。
吟子と小春は、ふらりと訪ねて来た鉄郎と喧嘩別れしてしまう。

小春は大工の亨(加瀬)と付き合い始める。

鉄郎のことが気になっていた吟子は密かに行方を捜していたが、
見つかった知らせを受ける。
会いに行くという吟子に小春は反対するが、
亡き父の鉄郎への思いやりを表すエピソードを吟子から聞かされる。
出来のいい兄姉の陰で褒められることもなく、のけ者になって来た鉄郎に
花を持たせてあげよう、という考えで亡父が名付け親を頼んだというのだ。


既に死期が近く、「みどりのいえ」というホスピスに収容されていた鉄郎。
園長の小宮山夫妻(小日向、石田)はかいがいしく世話を焼いてくれていた。
医師(近藤・2役)は吟子の亡父に似ていた。
吟子と鉄郎とのわだかまりも解けた。
鉄郎は4月7日に死ぬ、と予言していた。


小春は亨と再婚することを決意した。

-そして、4月6日。

鉄郎の容態が悪化し、吟子は大阪へ出向く。
そして、小春も亨と共に鉄郎を訪ね、
彼は自身の予言どおりに息を引き取った。


-小春と亨の結婚パーティー前夜。

あれだけ鉄郎を嫌っていた絹代が
彼を式に呼ぼうと言い出した。
のけ者にされている彼の気持ちがわかるようになったのだと言う。


吟子はその言葉に
そっと涙を拭うのだった。


(感想)

台詞にも出てくるが、
親戚の中には必ず変わり者がいるもので、
多分、誰かを思い宛てながら見ることが出来ると思う。

市川崑監督の名作映画「おとうと」へのオマージュでもある本作には、
有名な、姉と弟が手首を紐でつなぐシーンも出て来る。
それほど効果的でもないけどね。

吉永小百合はいつまでも大根である。
しかし彼女は存在しているだけで物凄い威力を発揮しているので
それでいいのだ。

鶴瓶がとても良かった。見直した。
俳優として初めて良いと思った。

蒼井や加瀬は無難。

脇役陣ではキムラ緑子が好演だった。

そして、加藤治子がおいしいところを持って行く
ラスト・シーンにジーンと来た。
まぁ、でもすっかりおばあちゃんになっているけど・・・

山田洋次の職人芸を感じさせる、手堅い作品。

★★★出演者たちの関連作品★★★

笑福亭鶴瓶 ディア・ドクター(←レビュー)

加瀬亮 重力ピエロ(←レビュー)


オフィシャル・サイト
http://www.ototo-movie.jp/




おとうと <豪華版2枚組> [DVD]/吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優

¥6,090
Amazon.co.jp

おとうと <通常版> [DVD]/吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優

¥3,990
Amazon.co.jp

おとうと 【Blu-ray】/吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優

¥4,935
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる