FC2ブログ

愛、アムール

愛、アムール

監督・脚本 ミヒャエル・ハネケ

出演 ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
イザベル・ユペール、アレクサンドル・タロー

(あらすじ)

花をふちどられた老女の死体が発見された。

-仲睦まじく暮らす音楽家夫婦の
ジョルジュ(ジャン)とアンヌ(エマニュエル)。

だがアンヌを突然の病魔が襲い、手術に失敗、
右半身不随となり、車椅子生活を送ることになる。

「もう入院させないで」と言う彼女の言葉に
ジョルジュは自宅での介護を決意する。

アンヌは娘・エヴァ(イザベル)や
愛弟子・アレクサンドル(アレクサンドル)に
自分の病気のことを語ることを嫌がり、
死を望む発言をする。


アンヌの尊厳を守りつつ、
彼女に献身的に尽くすジョルジュ。
そんな2人の様子を周囲は感心して見ていた。


だが彼女の症状は悪化、
言葉も喋れなくなってくる。


ジョルジュは看護士とヘルパーを雇う。

アンヌの意思を考えないヘルパーに立腹したジョルジュは
彼女を解雇する。
心ない言葉を浴びせるヘルパー。


ジョルジュはだんだんと追い詰められていき、
アンヌを叩いてしまう。
エヴァを頼ることも出来ない。


思い出話をしながら
ジョルジュはアンヌの顔に枕を押し当てた。


ジョルジュはアンヌの幻想を見る。
「先に靴を履いていて」


・・・夫婦の部屋をエヴァが訪ねていた。

(感想)

この作品は
ポスターから自分が受けたとおりの内容と展開で、
想像したとおりの結末だった。
・・・こうなるしかないんだろうな、切ないけど。

本当に素敵な老夫婦で、微笑ましくなる台詞が随所に登場する。

昔話をするジョルジュに
アンヌ「あまりイメージが悪くなるような昔話はしないでね」
ジョルジュ「どんなイメージなの?」
アンヌ「たまに恐いけど、とても優しいわ」

いいなぁ、と思った。かわいい。

なので奥さんが壊れていく様子がとても悲しく、病が憎いと思った。

それを音楽もほとんどない中で
淡々と映し出す。
音楽家夫妻ゆえに音楽がないということが
心が枯渇していることを表しているような気がした。

観客に媚びることを一切排除したハネケ監督らしい演出は
彼が主演の2人の実力を信頼してのことだからだろうし、
それが成功している。
静寂と緊張感が溢れる画面に惹きつけられる。

もう言葉もきちんと話せなくなったアンヌが
ヘルパーに不本意な髪型を強要され、ジョルジュが怒って解雇するシーン、
「尊厳」というものを考えさせられた。

アンヌのプライドと
ジョルジュの思いやりが2人を追い詰めてしまったとは思うが
愛とはそういうもののような気がする。
幸福と同じくらい狂気も含んでしまうもの・・・みたいな。

幻想的なエンディングに救われた。

この映画は確かに凄い。

だけど、かつての日本では
2時間ドラマの中にも
これくらいのクオリティの作品は
少なからずあった。

日本の映像作品のクオリティがいかに下がってしまったか・・・
そのことを思わずにはいられなかった。

映画オフィシャル・サイト



愛、アムール [DVD]/ジャン=ルイ・トランティニャン,エマニュエル・リヴァ,イザベル・ユペール

¥4,935
Amazon.co.jp

サントラ

映画 愛、アムール オリジナル・サウンド・トラック/アレクサンドル・タロー

¥2,500
Amazon.co.jp


スポンサーサイト



ウォーム・ボディーズ

ポスタ

監督・脚本 ジョナサン・レヴィン
音楽 マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース

出演 ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、
デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、
ロブ・コードリー

(あらすじ)

ゾンビになってしまったR(ニコラス)。
自分の名前も正確に覚えておらず、
親友・M(ロブ)との会話も呻くだけ。

彼らは仲間たちと人間を襲い、
Rはペリー(デイヴ)の脳みそを食った。
ペリーの中にあった恋人・ジュリー(テリーサ)との記憶が
Rの中に入り込み、Rはその場にいたジュリーを守ろうとする。

彼の行動が他のゾンビたちにも人間としての自覚を思い出させ、
人としての生態が戻り始める。


が、それを信じないジュリーの父・グリジオ大佐(ジョン)は
ゾンビたちを始末しようと動き出す。


ゾンビたちは人間と共に
もう人間には戻れないガイコツたちから
人間を守った。


ゾンビと人間が共存するようになった世界、
Rとジュリーは幸せに過ごすのだった。


(感想)

映画に登場する若いカップルを見て
久々に好感を持った1本。

ゾンビであるせいで
言葉がたどたどしいニコラスがかわいく思え、
映画シングルマン (←レビューへのリンク)の時の超美青年ぶりとはちょっと違う魅力を出している。

きちんと真髄を見極めている
しっかり者のテリーサがいい。

これは万人におすすめしたい。
基本的に悪い人が出てこないし
ゾンビモノながらイヤな気分にならないしね。

監督は
映画50/50 フィフティ・フィフティ (←レビューへのリンク) の
ジョナサン・レヴィン。
彼の映画って固定概念を気持ち良く外してくれて、
見終わった後に爽快にさせてくれるからいいよね。

なんとなくかわいらしい気持ち(笑)になれる作品。

映画オフィシャル・サイト



Warm Bodies/Various Artists

¥1,656
Amazon.co.jp

プラチナデータ

ポスタ

監督 大友啓史
脚本 浜田秀哉
音楽 澤野弘之
主題歌 Breathless/嵐

出演 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、
中村育二、萩原聖人、和田聰宏

(あらすじ)

近未来の日本、
政府は全国民のDNAデータを収集し、あらゆる事件の捜査に活用して
検挙率100%、冤罪率0%の社会を実現しようとしていた。

開発したのは天才科学者の神楽(二宮)。

が、データの作成に貢献していた
知的障害者の蓼科兄妹(和田・水原)が殺され、
神楽が犯人だという結果が出てしまった。
逃走を始める神楽。

叩き上げの刑事・浅間(豊川)は追跡を始めるが
警視庁の志賀(生瀬)や那須(中村)は情報・隠蔽工作に躍起になる。


次いで神楽と連絡を取っていた
米国からの捜査員・白鳥(杏)も殺される。


浅間は神楽が実は
リュウという知的障害者の別人格であること、
彼をコントロールしていたのが
水上博士(鈴木)だと突き止める。


そしてデータの中に
権力者やその関係者のものは含まれていないことにも気がついた。


一連の犯人は研究に取り憑かれた水上だった。
リュウと蓼科妹・早樹は愛し合っており、
彼の感情を思い出した神楽は水上を殺すのだった。


(感想)

日本でハリウッドっぽい映画を作ってみました系。

日本ではこれが限界なのでしょう。
頑張ったほうだと思う。

トヨエツの格好良さが光る作品ではあったが
二宮に対しては・・・特に(笑)

ジャニーズは知的障害者を
自社タレントに演じさせるのが好きですね。
ま、演技力ありげに見えるもんね・・・

杏が格好良い感じの役だったので
途中で死んじゃうのが残念だった。

神楽の逃亡劇をメインにするよりも
水上を主軸に話を進めたほうが
面白かった気がするのだが・・・
美味しい役なのに消化不良感が強い。

二宮の存在を目立たせるためにそうしたんだろうけど。

ま、結局は
「そういう」映画なのでしょうね。

映画オフィシャル・サイト



プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディション/二宮和也,鈴木保奈美,生瀬勝久

¥7,035
Amazon.co.jp

プラチナデータ DVD プラチナ・エディション/二宮和也,鈴木保奈美,生瀬勝久

¥6,090
Amazon.co.jp

プラチナデータ Blu-ray スタンダード・エディション/二宮和也,鈴木保奈美,生瀬勝久

¥4,935
Amazon.co.jp

プラチナデータ DVD スタンダード・エディション/二宮和也,鈴木保奈美,生瀬勝久

¥3,990
Amazon.co.jp

サントラ

映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック/澤野弘之

¥2,940
Amazon.co.jp

主題歌

Calling/Breathless(初回限定盤A)(DVD付)/嵐

¥1,470
Amazon.co.jp

Calling/Breathless(初回限定盤B)(DVD付)/嵐

¥1,470
Amazon.co.jp

Calling/Breathless(通常盤)/嵐

¥1,200
Amazon.co.jp

藁の楯

ポスタ

監督 三池崇史
脚本 林民夫
音楽 遠藤浩二
主題歌 NORTH OF EDEN/氷室京介

出演 大沢たかお、藤原竜也、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、
永山絢斗、山崎努、本田博太郎、余貴美子、高橋和也、長江健次、
本宮泰風

(あらすじ)

財政界の大物・蜷川(山崎)の孫娘が殺された。

彼は行方不明の犯人・清丸(藤原)を殺した者には
10億円支払う、という広告を新聞に出す。

清丸は8年前にも幼女暴行殺人事件を起こしており、
仮出所中だった。

知人に殺されそうになった清丸は福岡で警察に出頭。

彼を警視庁に護送するため
SPの銘苅(大沢)と白岩(松嶋)、
警視庁捜査一課の奥村(岸谷)と神箸(永山)、
福岡県警の関谷(伊武)が同行する。

身重の妻を交通事故で亡くし、憤りを感じている銘苅は
仕事への誇りを持って挑もうとしていたが
誰しもが内心「どうしてこのクズを護る必要があるのか?」と
考えていた。

その後の流れ →

★警察関係者が清丸を狙う。
そのため新幹線で護送することに。


★極秘情報がネットにアップされ続ける。

★神箸、新幹線内で襲撃して来たヤクザ(本宮)に殺される

★子供を人質に取り、
清丸を渡すように言った一般人(長江)を関谷が射殺→関谷抜け


★徒歩で移動を開始。

★かつて自分の娘を清丸に殺された父親(高橋)出現。

★最新位置情報を流していたのは奥村だとわかる→奥村抜け

★警視庁は「清丸が銘苅と白岩を人質に逃亡」という誤情報を流し、
清丸殺害を画策


★世間の動きに反感を抱く女タクシードライバー(余)に助けられる

★清丸の母が自殺の報

★白岩、油断して清丸に殺される

★銘苅、怒りを抑えて護送に成功。
殺されそうになった清丸を庇って負傷する


★蜷川逮捕、清丸には死刑判決

★シングルマザーだった白岩の息子の面倒を見る銘苅 → 終わり

(感想)

物凄く面白そうだったんだけど・・・

三池監督らしからぬ、正統派な撮り方。
ま、それは悪くないんだけど

根底には「人間の恐ろしさ」「法律の不条理」と言うものが
ちゃんと流れているとは思うのだが

中盤までは面白かったものの、
思い切り期待連れの出来だった。

最終的にはつまらなかったねぇ・・・

なんでだろうね。

多分フィクションの見せ方が下手なんだろうな。
ハリウッドだったら
きっともっと面白い作品に出来ていたと思う。

それから三池監督は
人間描写が下手なんだと思う。
どの登場人物にも共感出来ない。

菜々子はなぜこんな役で出演したのだろう?
薄っぺらい役に終わっていた。

藤原竜也は何を演っても藤原竜也。
暑苦しい大騒ぎ演技にイライラさせられた。
この役はイライラさせるよりも
静寂な不気味さが必要だったと思うんだけどね。

大沢たかお、
刑事でもヤクザでも大沢たかお。

山崎努は本当にあんなにおじいちゃんになってしまったのだろうか?

岸谷、本田はいいと思った。

まぁ、
福岡行ったばかりだったんで、そこはちょっと懐かしかった。

映画オフィシャル・サイト



藁の楯 わらのたて Blu-ray&DVD プレミアム・エディション(Amazon.co.jp.../大沢 たかお,松嶋 菜々子,岸谷 五朗

¥6,980
Amazon.co.jp

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [Blu.../大沢 たかお,松嶋 菜々子,岸谷 五朗

¥4,980
Amazon.co.jp

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]/大沢 たかお,松嶋 菜々子,岸谷 五朗

¥3,980
Amazon.co.jp

サントラ

藁の楯 わらのたて Original Soundtrack/オリジナル・サウンドトラック

¥3,150
Amazon.co.jp

主題歌

NORTH OF EDEN(初回生産限定盤)/氷室京介

¥1,600
Amazon.co.jp

NORTH OF EDEN(通常盤)/氷室京介

¥525
Amazon.co.jp

カラスの親指

ポスタ

監督・脚本 伊藤匡史
音楽 林祐介、sightow

出演 阿部寛、村上ショージ、能年玲奈、石原さとみ、小柳友、
鶴見辰吾、ユースケサンタマリア、ベンガル、戸次重幸、
古坂大魔王、なだぎ武、上田耕一

(あらすじ)

タケ(阿部)とテツ(村上)は詐欺コンビ。

タケには昔、借金の保証人になり、
娘を取り立ての嫌がらせの火事によって亡くしたこと、
その後、取り立て屋のヒグチ(鶴見)の下で働くことになり、
ある家族を追い込んで一家の母親を死に追いやった苦い過去があった。
彼はヒグチの悪事がわかる書類を警察に提出し、
彼を逮捕させたが
引っ越す先で火事騒ぎがあり、転々とする生活をするしなかった。

2人はスリをするまひろ(能年)と知り合う。
彼女こそ、タケが死に追いやった女の娘だった。

家を追い出されそうだと言う彼女を自分たちの家に住まわせることにするタケ。
姉・やひろ(石原)とその恋人・貫太郎(小柳)も着いて来た。


実はタケは姉妹に毎月こっそりとお金を送っていた。
その金は使われることなく貯まっていた。


家族のように過ごす楽しい日々も再びの放火騒動で諦めざるを得なくなるが
「もう我慢する毎日は嫌だ」という姉妹の言葉で
タケはヒグチへの復讐を決める。


彼の組織への上納金を盗むことにした5人。
作戦はうまくいく。


そしてそれぞれの道を歩むことになる。
実はタケの送金のことに気がついていた姉妹は
「もうこんなことはしないでいい」と告げて旅立っていった。


3人で仲良く暮らすまひろからの手紙を受け取ったタケは
あまりにうまくいきすぎる展開に疑問を抱く。


そして実はテツが姉妹の
蒸発していた父であることに気がつくのだった。


(感想)

カラス=玄人、
親指=お父さん の意。

あまちゃん(ほとんど観た事ありませんm(_ _)m)の
能年ちゃん目的で観賞。
どんな娘なのか知っておこうと思いまして。
かわいい娘だね。

キャスティングに大人の事情を感じないところが新鮮。

作品は
古き良き時代の日本映画っていうノリ。

自分くらいの年齢になると
その良さもわかってくるんだけど
若い人には長ったらしい(160分)つまんない映画に映るかも知れない。
多分自分も若い頃に観たらそう思っただろう。

すべてが想定の範囲内なわけ。
だけどそれでいいじゃない?
実際の人生はこうは行かないだろうけど、
幸せな様子を見れるのって幸せじゃん?と
オッサンの自分は思った。

この映画で一番おいしいのは
「何を言う、早見優」「なんのこれしきオギノ式」で有名な
村上ショージ。
なんでこの人を?と思ったけど
この人をキャスティングしたおかげで
エンディングのどんでん返しが活きていた。
華もインパクトもない普通の顔だし、
スター性もなにもないんだけど
そこにリアリティと親しみを感じさせてよかった。

映画オフィシャル・サイト



カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 豪華版【Blu-ray】(初回.../阿部 寛,村上ショージ,石原さとみ

¥6,090
Amazon.co.jp

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 豪華版【DVD】(初回限定版2枚.../阿部 寛,村上ショージ,石原さとみ

¥5,040
Amazon.co.jp

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 通常版【Blu-ray】)/阿部 寛,村上ショージ,石原さとみ

¥5,040
Amazon.co.jp

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 通常版【DVD】/阿部 寛,村上ショージ,石原さとみ

¥3,990
Amazon.co.jp
プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる