FC2ブログ

TAJOMARU

$Uzo☆mUzo 

監督 中野裕也
脚本 市川森一、水島力也
音楽 大坪直樹
主題歌 PRAY/B’z

出演 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、萩原健一、松方弘樹、近藤正臣、
池内博之、本田博太郎

(あらすじ)

畠山信綱、直光、阿古姫は幼馴染み。
畠山家は代々管領職の名家だが、家督は長男の信綱が継ぐことが決まっていた。
次男の直光と阿古はお互いを好いていた。
直光は屋敷に盗みに入った子供を桜丸と名づけ、弟のようにかわいがった。

時が経ち-
阿古(柴本)の父の大納言が流行病で亡くなった。

将軍・義満(萩原)は、
阿古と結婚し、その財産を継いだものを管領職にする、と言い出す。
彼の狙いは その金塊だった。

阿古は直光(小栗)の許嫁だった。
直光はただ阿古と一緒にいられれば、地位も財産もいらなかった。

信綱(池内)はあせり、桜丸(田中)の言葉にそそのかされて
阿古を犯した。

桜丸は直光に信綱の行動を語り、
直光は阿古をさらうと、桜丸や忠臣・景時(近藤)らと共に逃亡する。

義満の寵愛を受ける桜丸には ある策略があった。

景時を切り、信綱を切る桜丸。

桜丸の動きを知らず、2人きりで逃亡を続ける直光と阿古は、
盗賊の多襄丸(松方)に襲われる。

直光が気絶している間に阿古は多襄丸に犯され、
直光へ罵りの言葉を吐くとひとり走って逃げて行った。

直光は多襄丸を切るが、その時彼から
「代々、先代の多襄丸を切った人間が次代の多襄丸だ」と言われ、秘刀を渡される。

盗賊の道兼(やべ)らと知り合い、彼らの親分となった直光は、
多襄丸を名乗るようになる。

「畠山家の長男・信綱が死に、弟の直光が家督を継ぐ」という話を聞いた直光は、
屋敷へ戻るが、そこで桜丸の裏切りを知る。
彼が自分になりきっていたのだ。
更には阿古姫もそこにいた。

直光を追って屋敷に入った道兼が捕まり、所司代の栗山(本田)がやって来た。
阿古は彼に桜丸のことを話し、彼の裁きを受けることになる。

真実が明らかになり、
更には阿古の父が持っていた金塊が既にないこともわかる。

だが義満が現われ、桜丸にすべての処分が任せられてしまった。
直光も阿古も道兼も処刑されることになる。

そして直光は道兼から意外な告白をされる。

-実は、道兼は直光と阿古が多襄丸に襲われた様子を一部始終見ていたのだ。

多襄丸は阿古を犯してはいなかった。
既に信綱によって犯され、汚れてしまったと感じた阿古は、
直光が自分を忘れるように 芝居をしていたのだ。
同情した多襄丸は、それに合わせていたのである。-

真実を知った直光は 盗賊仲間に助けられ 
阿古が処刑される地獄谷へ向かう。

(感想)

芥川龍之介の「藪の中」を原案にした作品だが、
ほぼオリジナルの脚本。

若い役者陣は頑張っていたのだけど、
小栗は線が細すぎ、柴本は華が無さすぎ、田中は表情が乏しすぎた。
この顔合わせでなぜこの作品を?と思った。完全なるミスキャストだった。

時代劇特有の仰々しさで見せる松方、
エロ変人を演劇的に見せるショーケン、
正攻法な渋みで見せる近藤、
Vシネマからの叩き上げのやべきょうすけ(カチンコヤンママ愚連隊 が印象的) らと比べると、
明らかに迫力不足で、時代劇に不向きだった。

時代劇に不向き、と言えば
監督の中野裕之は 映画サムライ・フィクション など なぜか
時代劇を撮るのが好きみたいだけど、向いてないと思う。
一番盛り上がるはずの直光と桜丸の一騎打ちの
映像の迫力の無さを見れば一目瞭然。
新感覚の映像を狙っても、ツボは抑えるべきだと思う。

失敗作の部類に入る出来だとは思うけど、
「藪の中」の不変の面白さのエッセンスと、
ベテランたちの好演と、ミスキャストながら頑張りが見える主演の若手の姿で
まぁ、いいか、ってところだった。


オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/tajomaru/




TAJOMARU 限定版 [DVD]/小栗旬,柴本幸,田中圭

¥6,090
Amazon.co.jp

TAJOMARU 通常版[DVD]/小栗旬,柴本幸,田中圭

¥3,990
Amazon.co.jp

TAJOMARU[Blu-ray]/小栗旬,柴本幸,田中圭

¥5,040
Amazon.co.jp

サントラ

TAJOMARU/サントラ

¥2,580
Amazon.co.jp

主題歌収録アルバム

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)/B’z

¥3,780
Amazon.co.jp

MAGIC(通常盤)/B’z

¥2,940
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



テイルズ・オブ・ヴェスぺリア ~The First Strike~

$Uzo☆mUzo 

監督 亀井幹太
脚本 吉田玲子
音楽 千住明
主題歌 鐘を鳴らして/BONNIE PINK

声の出演 ユーリ/鳥海浩輔、
フレン/宮野真守、
ナイレン/谷口節、
ガリスタ/宮本充、
ヒスカ/小笠原亜里沙、シャスティル/水沢史絵、
メルゾム/郷里大輔、リタ/森永理科

(あらすじ-ほぼネタバレ)

ユーリとフレンは幼馴染みだが、
反目し合っている帝国騎士団ナイレン隊隊員。

隊長のナイレンは、森の危険な変化を感じ、
遺跡内に未知のプラスティアが存在すると睨み、調査を始める。

ギルドという、高い金を取って、村人たちを森へ案内する集団がおり、
ユーリは喧嘩になるが、首領のメルゾムと意気投合。
ナイレンもメルゾムと旧知の仲で、彼らの存在意義を認めていた。

ナイレンは皇帝の式典に参加するように要請される。
事態の危機を訴え、本部に応援を頼むが、式典の後回しにされた。

市民に穏やかな生活を一刻も早く与えるために調査を進めるべく、
式典にはフレンを代理に出席させるナイレン。

フレンの父もかつて騎士団の隊員だったが、
同じように市民の安全第一に任務を遂行し、命を落としていた。

調査中、森でひとり研究をするリタから、
「調査に役立つはず」と言われて、彼女の作った機械を貰うナイレン。

ギルドの協力も得て、隊員揃っての森での本格的な調査を始めるが・・・

森の危機は救われたものの、ナイロンは命を落とした。

そしてプラスティアは軍師のガリスタが実験をしていたものだとわかり、
フレンの父の死の原因でもあることがわかった。


ユーリとフレンは ガリスタを殺した。
ガリスタの違法に感づいていた団は、2人を罰しなかった。


それぞれを認め合ったユーリとフレン。
ユーリは隊を辞め、フレンは父のような隊員になるべく隊に残り、
それぞれの人生を歩むのだった。


(感想)

またまた予備知識のないまま、
自分の未知のジャンルの映画を鑑賞。
そういう作品を観て、レビューを書くのがマイ・ブームにひひ
あらすじは、大体こんな感じであってる、と思う。

これはゲームの映画化だそうだけど、
ゲームを全くしない自分は 何も知らない。
ただ、PRODUCTION I.G. だから 観てみようかな、と思った。
何より絵がきれい。

単純でわかりやすい話なんだけど、
専門用語を説明せよ、と言われても うまく説明出来ない。
いいものか、悪いものなのか、という判別は出来たけど。

乱暴に判別すると、騎士団=警察、ギルト=ヤクザ、って考えると
わかりやすい。

騎士団として、組織の中で生きることを第一とするか、
市民を守るというそもそもの職務を優先するか、ってところで、
ちょっと考えさせられるところはあった。

ナイレンが魅力的なキャラで、
こういうボスになりたいな、と思った。
そういう人は大抵死んじゃうんだよね・・・

もし続編があったら、観るかも知れない。

オフィシャル・サイト
http://www.tov-movie.net/




テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~ [DVD]/鳥海浩輔,宮野真守,谷口節

¥6,090
Amazon.co.jp

テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~ [Blu-ray]/鳥海浩輔,宮野真守,谷口節

¥8,190
Amazon.co.jp

サントラ

劇場アニメ「テイルズ・オブ・ヴェスペリア~The First Strike~」オリジナルサウン.../サントラ

¥3,000
Amazon.co.jp

主題歌

鐘を鳴らして(初回限定盤)/BONNIE PINK

¥1,600
Amazon.co.jp

鐘を鳴らして(通常盤)/BONNIE PINK

¥1,200
Amazon.co.jp

誰かが私にキスをした

darekaga.jpg


監督 ハンス・カノーザ
脚本 ガブリエル・ゼヴィン
主題歌 キミがいるから/カイリー

出演 堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也、アントン・イェルチン、
渡部篤郎、桐島かれん、清水美砂

(あらすじ-ほぼネタバレ)

東京のインターナショナル・スクールに通うナオミ(堀北)は
階段から落ちて過去4年間の記憶を失った。

覚えていない3人の男たち-

親友だったミライ(手越)は親切。
一緒にイヤーブックの製作をしていたらしい。

恋人だったエース(アントン)とはしっくり行かなくなった。

そして、病院まで付き添ってくれたユウジ(松山)に
惹かれるナオミ。

ユウジは情緒不安定なところがあり、
記憶をなくし、孤独を感じていた彼女は
彼のそんなところに惹かれたのだが、
ミライは
ナオミと彼の付き合いにいい顔をしない。
再婚しようとしている父(渡部)も同様だ。
しかしナオミはユウジに夢中になる。


彼女は、ユウジの影響や成績のこともあり、
イヤーブックの製作を辞めてしまった。
ミライと喧嘩になるナオミ。


ナオミは密かに記憶を取り戻した・・・

海外への進学が決まったユウジだったが、
情緒不安定になり、入院。
ナオミはミライを伴って見舞いに訪れた。
恋人も出来たミライの態度はよそよそしいものに変わったが・・・


記憶を取り戻した今でも、自分はユウジが好きだ、と
ユウジに告げるナオミ。
だが後日、ナオミはフラれた。


ミライが体調を崩し、ナオミにイヤーブックの製作を頼んだ。
本は完成し、好評だった。


ナオミはだんだんとミライへ思いを抱くようになり、
ミライもナオミへの気持ちを正直に告げるのだった。


(感想)

記憶喪失や
学生時代の甘酸っぱいテイストを織り交ぜながら、
基本的には
3人の男の中で揺れ動く女ごころの話。

女の子は 危険な男へ傾きながら、
結局、安全な男で落ち着く、っていうよくある話。

登場人物がインターナショナル・スクールの学生なので、
洋画の字幕で観るような言い回しを日本語でする。
これが魅力的かどうかで、
だいぶ変わると思うんだけど、かわいくないんだなぁ・・・

堀北真希と松山ケンイチ って
そもそも美形じゃないと思う。

ただ、2人 の演技力・イメージ力がよくわかった。
手越は役のイメージにぴったりだった。

アントンは、
映画ターミネーター4 
映画スター・トレック にも出演している。

映像にポップ感があったところは良かったと思う。

渡部篤郎の好演と、
桐島かれんを久々に目にしたことが
自分にとってこの映画の一番いいところだった。

堀北真希 出演作

映画レイトン教授と永遠の歌姫 (←リンク)

松山ケンイチ 出演作

映画カムイ外伝 (←リンク)

渡部篤郎 出演作

映画てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡 (←リンク)
映画重力ピエロ (←リンク)
映画ROOKIES 卒業 (←リンク)
映画レイトン教授と永遠の歌姫 (←リンク)

オフィシャル・サイト
http://darekiss.com/




誰かが私にキスをした(先着予約特典:フォトカード付) [DVD]/堀北真希,松山ケンイチ,手越祐也

¥3,990
Amazon.co.jp

誰かが私にキスをした [DVD]/堀北真希,松山ケンイチ,手越祐也

¥3,990
Amazon.co.jp

誰かが私にキスをした(先着予約特典:フォトカード付) [Blu-ray]/堀北真希,松山ケンイチ,手越祐也

¥4,935
Amazon.co.jp

誰かが私にキスをした [Blu-ray]/堀北真希,松山ケンイチ,手越祐也

¥4,935
Amazon.co.jp

主題歌

キミがいるから/Kylee

¥1,223
Amazon.co.jp

東京島

$Uzo☆mUzo 

監督 篠崎誠
脚本 相沢友子
音楽 大友良英
主題歌 (You Make Me Feel Like) A Natural Woman/Superfly

出演 木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、テイ龍進、山口龍人、木村了、
染谷将太、趙珉和、清水優、阿部亮平、塩見大貴、中村無何有、結城貴史、松川貴弘、
保科光志、藤川俊生、石田佳央、張天翔、張沫、孫良、南好洋、吉田友一、鶴見辰吾、
サヘル・ローズ、古藤ロレナ

(あらすじ-ほぼネタバレ)

結婚20周年の記念に世界一周の旅に出た隆(鶴見)・清子(木村)夫妻。
だが、遭難してしまい、無人島にたどりついた。
隆は全く頼りにならなかったが、清子はたくましく順応していた。

そこへ16人の日本のフリーター集団が漂着した。
彼らは島を「東京島」と名づけ、
シブヤ、ブクロ、ジュク、などの集落を作った。
若い男たちは島で唯一の女性の清子を女王のように扱ったが、
ワタナベ(窪塚)は彼女に辛く当たった。

この島には廃棄物を捨てに来る船が時折来ている様子で、
ワタナベはドラム缶を集めていた。

そんな中、隆が崖から落ちて死んだ。

清子はカスカベ(山口)と結婚。
高圧的で嫉妬深い彼は、他の男たちが清子に近づくのを許さなかった。

そこへ今度は6人の中国人たちが漂流してきた。
彼らは密航に失敗したのだった。
豚を調達してきたり、塩を作ったり、
明らかに日本人よりも逞しい彼ら。
カスカベは彼らに喧嘩を売りに行くが、翌日 崖下で死体になっていた。

清子の新しい夫がくじで決められることになり、
GM(福士)に決まった。
記憶喪失だが、優しい彼に清子は心ときめく。

だが、
一向に島からの脱出を考えない日本人たちに苛立ちを覚え始める。

中国人たちは筏を完成させ、リーダーのヤン(テイ)から
「俺の女になるなら乗せてやる」と言われた清子は乗ってしまう。
彼らに協力していたワタナベは裏切られた。

しかし脱出は失敗した。

ふたたび東京島に漂着してしまった清子と中国人たち。

その間、GMは記憶を取り戻した。
彼はモリグンジ、という岩手大院生だった。


彼は日本人たちを仕切り、
この島で生き、自分たちの世界を作ろうと動き始める。


裏切った清子に対する日本人たちの反応は冷ややかなものに変わった。

だが彼女はGMの子供を妊娠していることがわかり、
ふたたび女帝のような暮らしに戻った。


増えたドラム缶とともに、
ワタナベが姿を消した。
彼は廃棄物を捨てに来た連中に救われたのかも知れない・・・
日本人たちは色めき立ち、海岸で船を待ち続けるが、来なかった。


清子は中国人たちの様子を聞き、日本人より頼りになりそうな
ヤンのもとで出産することを決めるが、
そこにはフィリピンからボートで漂流してきた若いダンサーの女たちがいた。
おなかの子はヤンの子だ、という清子。


子供を自国に置いて生活しているキム(サヘル)は彼女に親切だった。
やがて清子は男女の双子を出産。
名前はフィリピン・ダンサーたちのグループ名から
女の子はチキ、男の子はチータと名付ける。
キムは彼女に子供の大切さを説いた。


ボートが修理されたが、フィリピンのリーダー、パム(古藤)は
ボートに乗れるのは5、6人なので、
男をひとりと、
年を取ったキム以外のメンバー、
清子は連れて行っても良いが、子供たちは置いていくように言うのだった。


日本人たちはオラガ(柄本)がついにキレて、皆を扇動し、暴動を起こした。

そのさなか、清子はキムと共にチキを連れてボートで島を脱出した。
チータはGMが守っていた。


10年後-

東京島では残った日本人、中国人、フィリピン人たちで
王国が形成されており、
王子とされているチータの誕生祝いが行われていた。


東京では清子、チキ、キムがチキの誕生祝いをしていた。
ワタナベが身に着けていた亀の甲羅もテーブルに置かれている。
清子はチキに東京島でのことを話そうとする。


(感想)

脱出劇・漂流記をメインとせず(それも見たかったけど)、
辿り着いた先で新たな国を築く、という選択肢が新鮮。
自国にいても、大変な生活をしている人たちが漂流しているので、
これもアリなのかも知れない。


俗物でふてぶてしく、したたかで計算高くもありながら(わかりやすいけど)、
天然気味でもある清子を木村が好演していた。
若い男たちにチヤホヤされて「私はトキなんだ」と考えたり、
鏡を見て43歳の自分の現実に落ち込んだり、
子供を産んで「私はこの島の母なんだ。これは運命だったんだ」と思ったり・・・

また、争いや困難を避けようとする日本人、
(美形の木村了が男たちに狙われるようになるのもおかしかった)
自分たちだけでも助かろうとする中国人、
シビアなフィリピン人など、各々の国の国民性が出ていて、面白かった。

男優陣では、テイが印象的だった。
窪塚はイメージどおりの変わり者役、
福士はいつもどおりの優しい男(ちょっと情けないところが新しい)、
柄本もルックスどおりのキモオタな感じで、
ルックスとイメージが活かされた配役。
染谷の不気味さは出色かな。

映画館で観なくてもいいと思うけど、
一度観てみてもいい作品。
女性は共感出来るのでは?

オフィシャル・サイト
http://tokyo-jima.gaga.ne.jp/index.html




主題歌

Dancing On The Fire(初回限定盤)/Superfly

¥1,600
Amazon.co.jp

Dancing On The Fire/Superfly

¥1,200
Amazon.co.jp

天使の恋

$Uzo☆mUzo 

監督・脚本 寒竹ゆり
主題歌 Let It Go/伊藤由奈

出演 佐々木希、谷原章介、山本ひかる、大石参月、七菜香、加賀美早紀、深水元基、
酒井若菜、吹越満、津田寛治、笑福亭鶴光、若村真由美

(あらすじ-ほぼネタバレ)

17歳の理央(佐々木)は、
奈緒子(加賀美)にいじめられている友子(山本)を助ける。
実は奈緒子とは打ち合わせをしており、
彼女を真樹(大石)や未歩(七菜香)としているように
援助交際へと誘うためだったのだが。
更に後日、佑二(深水)を使って、客を恐喝。
パトロンもいて、奈緒子とはレズビアンの関係でもある。

そんな彼女だったが、同じ苗字で、
写真を取り違えられた光輝(谷原)に恋をする。

倒れた光輝を助けたことで、理央は彼と親しくなるチャンスをつかみ、
大学講師の彼に日本史を習うことになる。


パトロンとも別れ、援助交際もやめる理央。
奈緒子との関係も清算する。


テストで100点を取ったらデート、という約束のために猛勉強する理央。
結果は99点だったが、デートすることになった。


天真爛漫な理央に惹かれていく光輝だったが、
彼は脳腫瘍で余命いくばくもなく、
手術を受けて延命出来ても、障害が出る可能性があった。


奈緒子が自分を犯し続けた義父(吹越)を殺し、自殺。
自分への思いを聞いた理央は反省し、
友子にも事実を打ち明ける。激怒する友子。


更に、光輝も姿を消してしまい、ストレスで倒れる理央。

友子は、奈緒子が死ぬ前に自分を刺そうとした時に
体を張って守ってくれた理央のことを思い出し、
真樹や末歩と共に光輝探しを始める。


光輝の従姉妹・香里(酒井)は理央の真剣な気持ちを聞き、
彼の居所を教えた。


再会した光輝に、理央は3年前、自分がレイプされた際に妊娠し、
堕胎してから、悪行を重ねていたことを話す。
それが、光輝を見た途端、変わっていったのだと。
だが、光輝から出たのは別れの言葉だった。


しかし光輝がまた倒れ、理央は初めて彼の病気のことを知った。

光輝は理央に愛を告白し、
理央は彼に手術を受けるように説得した。


-卒業式も済み、理央は光輝のリハビリ・センターに行った。
手術を受けた彼は理央のことを覚えていなかった。


初めて会った日のように、彼の傘に入る理央。

駅まで送ってもらって別れ、涙する理央の肩に
光輝の手が。


2人は雨の中、しっかりと抱き合うのだった。

(感想)

冒頭、佐々木の演技は本当に酷いし、
(他の女子高生役の4人は自然)
役柄にも全く共感が持てない。

台詞回しも拙いし(まぁ、そこにリアリティがあるのかも。
吉高由里子もそのタイプ。裏表が激しそうなところも似ているね)、
表情に感情が出ていない。
特に、悲しみ(内容的に重要なんだけどね)。

だけど、喜びを表すシーンでは
物凄い魅力を撒き散らしている。
さすがモデル(だよね?)。

でもラスト、ちゃんと役柄の心境と同化していたと思う。
一本の映画の中で、俳優の成長記録を見た感じだった。
まだまだ成長が必要だけど。

俳優の力を引き出した、
これは監督の力量なのだと思う。

そして、谷原章介も
好きじゃなかったんだけど、
凄く良かった。
彼の異常なほどの嫌味な清潔感が、
この映画の世界観にぴったりだった。
初めて魅力的に思えた。

あっさり売春しちゃったり、
(あんなに簡単に辞められるもんなのかな?)
辞めた後も、心に何の傷も負わずに無邪気でいるところ、
そして、話の中に親や家がほとんど出て来ないのに、
スムーズに展開してしまうところに、
今の日本の病んだ部分や、
家庭のあり方を見た気がして、薄気味悪く、怖くなった。
こんなのはメディアの中だけ、と思いたい。

本来、恋に理由なんてほとんどないものだと思うし、
悪行を重ねていた人間が、恋をした途端、
純粋になることは自然だと思うが、
理央がひとめ惚れしたことに、
わかりやすい理由づけがあっても良かったかも。

観終わった後、
なかなかいい気分にしてくれる作品だった。

オフィシャル・サイト
http://tenkoi.gaga.ne.jp/




天使の恋 プレミアム・エディション [DVD]/佐々木希,谷原章介

¥5,985
Amazon.co.jp

天使の恋 スタンダード・エディション [DVD]/佐々木希,谷原章介

¥3,990
Amazon.co.jp

天使の恋 (Blu-ray Disc)/佐々木希,谷原章介

¥6,300
Amazon.co.jp

サントラ

天使の恋 オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥2,500
Amazon.co.jp

主題歌

Let it Go(初回生産限定盤)(DVD付)/伊藤由奈

¥1,575
Amazon.co.jp

Let it Go/伊藤由奈

¥1,223
Amazon.co.jp

劇中歌収録アルバム

ABBOT KINNEY/LOVE PSYCHEDELICO

¥3,045
Amazon.co.jp

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる