FC2ブログ

書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

譖ク驕薙ぎ繝シ繝ォ繧コ縲?繧上◆縺励◆縺。縺ョ逕イ蟄仙恍_convert_20101030163352

監督 猪股隆一
脚本 永田優子
音楽 岩代太郎
主題歌 大切/ファンキーモンキーベイビーズ

出演 成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、金子ノブアキ、
市原知宏、森崎ウィン、森岡龍、坂口涼太郎、山田明郷、朝加真由美、
宮崎美子、織本順吉、おかやまはじめ、森本レオ

(あらすじ)

愛媛県四国中央市は紙の町だが、すっかり錆びれてしまっている。
四国中央高校3年の里子(成海)は書道家の父(山田)を持ち、
書道部の部長でもある。
町の廃れぶりは部員たちの家庭にも影響を及ぼしていた。

副部長の香奈(桜庭)は知っていたことだったが、
部員の美央(山下)は母(宮崎)の病気のため、
進学を諦め、バイトを始めた。

臨時顧問になった池澤(金子)から 
自分の書がつまらないと言われた里子。
池澤が音楽に乗して披露した書道パフォーマンスに
部員たちは夢中になるが、里子はノレない。

清美(高畑)の実家の文具店が閉店することになり、
華々しく書道パフォーマンスで宣伝することになるが、失敗。
部内はさらにギクシャクしだす。
清美は引っ越して行った。

伝統的な紙製造をしていた智也(市川)の祖父(織本)が火事を出し、
深刻な町の状況をひしひしと感じる里子。

彼女は自分が書を楽しんでいないことに気づいた。

そこで、町おこしと書道部の結束の願いも込め、
書道パフォーマンス大会を計画する。

(感想)

自分は幼稚園から中学まで書道を習っていたので、
この作品にも興味があった。

習っていた人間からすると、
書道パフォーマンスなんてけしからん!と思うのだが、
観ていると・・・
ま、そんなに悪いこととは思わなくなった。
根底から概念を覆すことだし、
本来の書道は保つべきだと思うけど。

成海は地方の女子高生役が良く似合うなぁ(爆)
ぴったりハマる設定だなぁ(爆爆)

金子ノブアキはいい味出していた。

錆びれた町が舞台だし、
書道パフォーマンス大会をやったからって町が復興するわけでもないし、
結局状況は変わらない結末なんだけど・・・
そこに地方都市のリアリティを感じるが・・・
もう少し、爽快な感じがあっても良かったと思う。
だけど、力を合わせて何かをやり遂げるのは素晴らしい、ってことは
伝わってくる。

総括すると・・・自分にとっては、
成海主演作品らしい、すぐに忘れ去ってしまう作品だった。

オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/




「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]/成海璃子,山下リオ,高畑充希

¥5,040
Amazon.co.jp

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」BD [Blu-ray]/成海璃子,山下リオ,高畑充希

¥6,090
Amazon.co.jp

サントラ

映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」 オリジナル・サウンドトラック/岩代太郎

¥2,500
Amazon.co.jp

主題歌

大切(初回生産限定盤DVD付)/FUNKY MONKEY BABYS

¥1,365
Amazon.co.jp

大切/FUNKY MONKEY BABYS

¥1,050
Amazon.co.jp

スポンサーサイト



真ひきこさん

$Uzo☆mUzo 

監督・脚本 永岡久明
音楽 濱田勇樹
主題歌 箱/絵仁

出演 藤本ゆき、原真司、河西里音、長谷尾万智、ドクターHIRO、
竹内恋、船津未帆

(あらすじ-ほぼネタバレ)

小学生時代、「ひきこさん」に襲われて行方不明になったアツシ。
同級生の5人(カツオ、マサヒコ、ヒロ、アカネ、サヤカ)はそれを目撃していた。

10年後、カツオが交通事故で亡くなった。
4人はカツオの父親から連絡を受け、焼香しに来るが、
当時の記憶がすっかりなくなっていた。
カツオのノートには「思い出すな!」と書きなぐられていた。

記憶を取り戻したことで、4人はアツシの墓参りに行くが、
そこで当時担任だった久野先生に再会する。
久野はアツシ失踪事件の責任で辞職し、今でも捜査をしていた。
そして、カツオの遺体の脚に残された
不可解な手のひらの痕の写真を彼らに見せ、
都市伝説「ひきこさん」発祥の地がこの辺りだったと話す。
ひきこさんは子供をさらっては、引きずり回して殺す、という・・・

今度はアカネが「思い出しちゃだめ!」という伝言を残して
カツオと同じように亡くなる。
やはり脚には不可解な手のひらの痕があった。


久野は小学校時代の同級生2人を呼び出す。
2人は小学生当時、3人で「森妃姫子」という同級生をいじめており、
脚を持って校内中を引きずり回したことがあった。
以来彼女は学校に来なくなり、行方もわからなくなり、
誰も話題にしなくなったが、そのうちのひとりが怪死していた。
久野は「ひきこさん」は森妃姫子ではないか?と考えて、
2人から話を聞きたかったのである。


帰り道、2人はひきこさんに殺される。
そして、その現場を見たヒロも犠牲に・・・


サヤカとマサヒコはかつてのように恋仲になった。

ヒロから「思い出すな!」という叫びの電話を受け、駆けつける2人と、
ヒロを訪ねてきた久野。
サヤカとマサヒコには血の跡が見えるのだが、久野には見えない。
その跡をたどると、ひきこさんに引きずられるヒロが。
助けようとしたマサヒコも連れ去られてしまった。


犯人は森妃姫子だと確信し、
彼女を思い出した人間を殺しに来ること、
鏡が苦手なこと、
「引っ張るぞ!」という言葉に弱いこと、
ひきこさんが殺害した跡に残った血痕は
彼女を思い出した人間にしか見えないことがわかった久野とサヤカは 
森邸へ向かう。


家の中は死体だらけだった。
努力もむなしく、マサヒコは死んでしまい、
ひきこさんはサヤカをさらってしまった。


また生徒を救えなかったことに絶望する久野・・・。

(感想)

「口裂け女」とか「トイレの花子さん」とか
子供たちの間の都市伝説って その時の世相を
ダイレクトに反映していると思う。
それでこの作品にも興味を持ったんだけど、
これもそうだけど、最近は「いじめ」がキーワードなんだよね。
やっぱり嫌な世の中になっているんだと思うな(ノ_-。)

「ひきこさんは生きた人間だ」って結論づけながら、
細部にあまりに無理がありすぎたし、
「いじめが原因で人をこんなふうに変えてしまうことがある。
いじめを撲滅しよう」というメッセージ性もなく、
彼女をただの化け物にしてしまった時点で、 
この作品は ホラーでもドラマでもなく、
ツッコミを入れられて、失笑を買うだけの作品になってしまった。

こんな姿をしながら、誰にも気づかれずにやって来るひきこさん。
$Uzo☆mUzo 
ひきこもりなのに、ちょくちょく外出して人を殺すひきこさん。
蛙を生で食うひきこさん。
男勝りの信じられない腕力を持つひきこさん。
顔の傷を気にして鏡を見ないのに、自らの顔を傷つけるひきこさん。
(これって近頃の自傷行為に走りやすい人を象徴しているのかな?)

ボンクラなキャラを、
$Uzo☆mUzo 
素人丸出しで演じる役者たち、
工夫の跡は見られるものの、ヘボい演出。

これはOVで、映像的には残念な感じだけど、
もう少しお金をかけて、
ひきこさんの悲劇もきちんと描きこんで、
ちゃんとした演技の出来る役者を使ったら、
良い作品になる題材だったはず。

嘲笑ってしまったけど、
永岡氏は、もう少し練りこめば、
いい脚本を書けるようになる才能があると思う。

オフィシャル・サイト
http://www.tmc-ov.co.jp/tmc2/dtm021/index.html




真ひきこさん [DVD]/藤本ゆき,原真司

¥3,990
Amazon.co.jp


食堂かたつむり

$Uzo☆mUzo 

監督 富永まい
脚本 高井浩子
音楽 福原まり
主題歌 旅せよ若人/Fairlife

出演 柴咲コウ、余貴美子、ブラザー・トム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、
江波杏子、三浦友和、幸子

(あらすじ-ほぼネタバレ)

倫子(柴咲)は奔放なシングルマザーの母・ルリコ(余)が幼い頃から嫌いで、
都会に住む祖母のもとで暮らしていた。
倫子は不倫の子という噂で、ルリコもそう認めていた。
祖母から料理を教わり、食堂を開くのを夢見るようになる倫子。

祖母も亡くなり、倫子は外国人と恋におちるが、
相手に家財道具や金を盗まれ、ショックで声が出なくなった。

倫子は帰省するが、ルリコは豚のエルメス(幸子)をペットにしていたり、
相変わらず奔放だった。
彼女は「スナック・アムール」を経営しており、
ネオコン(田中)はルリコの愛人。

倫子は熊さん(トム)から金を借り、
協力も得て、自宅の倉庫を改造して食堂「かたつむり」をオープンした。

熊さんにお客さん第1号になってもらった倫子。
倫子の作ったカレーを食べた熊さんは、
その味に、出て行った妻子を思い出して涙した。
そして、その妻子から久々に連絡を受けた。

「倫子の料理を食べると願いが叶い、幸せになれる」という評判が広まり、
学生の桃(志田)らが思いを寄せる相手とやって来るようになる。
そして来店したカップルは幸せになるのだった。

倫子は同級生だったミドリ(満島)と再会する。
彼女が友人たちを連れて来店するが、料理の中に虫が入っていた。
その噂はすぐに広まってしまった。


だが それはミドリの実家の喫茶店が閑古鳥が鳴いているため、
彼女がやった嫌がらせだった。


熊さんが、
お妾さん(江波)と呼ばれている女性をかたつむりに招待したいと言って来た。
お妾さんは旦那を亡くしてからいつも喪服を着ていて、不幸そうだった。
幼い頃親切にしてもらったお礼で、倫子の料理を食べてもらい、
幸せになってもらいたいのだと言う。


倫子の料理を食べたお妾さんは、
夢で旦那さんと再会し、颯爽とするようになった。


倫子は、ルリコとネオコンに肉体関係がないことを知った。
そして、自分が「水鉄砲ベイビー」だと聞かされる。
ルリコは学生時代に思いを寄せていた先輩のことを今でも思っているのだ。
自分を嫌っている倫子に冷たかったネオコンだが、
倫子の作ったお茶漬けのおいしさに涙する。


倫子はルリコからガンで余命幾許もないことを聞かされる。

ルリコの担当医は彼女が憧れていた先輩のシュウ(三浦)だった。
シュウとルリコは結婚することになり、
ルリコは結婚式のプロデュースを倫子に頼んだ。


ルリコはエルメスを屠殺し、
倫子はその肉を使って結婚式の料理を作った。


ルリコが亡くなり、倫子はルリコの遺言どおり、
エルメスの肉を使って作った生ハムを恩人たちに渡した。
そこで熊さんから ルリコが倫子の借金を返済したこと、
彼女が裏で倫子のことを気にかけていたことを聞かされた。


倫子は、幼い頃からふくろうの鳴き声を聞いて眠っていたが、
それはルリコが倫子を心配して時計に録音していたものだと気づく。
そこには手紙が添えてあり、彼女の自分への思いを知って涙するのだった。


倫子は店を再開する事にするが、ドアに鳩が当たって死んでしまった。
それを調理して、自分で食べる倫子に声が戻った。


(感想)

とってもガーリーな作品。
心に余裕のある時は、
女の子のこういうセンスをかわいいと思えるようになった今日この頃。

「おいしいものを作って人を幸せにする」(柘榴のカレー、興味あり)
「おいしいものを食べて幸せになる」
「(動物の)命を食すということ」
(豚のエルメスはめちゃイケの幸子が演じている)
考えようによっては深いことを、
あっさり描こうとしているんだろうけど、
あっさりさせ過ぎちゃった感あり。

また、極めてメルヘンチックにしようとしているので、
映画嫌われ松子の一生 みたいなノリ)
現実味はまるでない。
好き嫌いはここで分かれそう。

倫子は声が出ない、という設定なので、
筆談が主になるのだが、
紙に書かれた文字というのは、画面では読みにくい。
そこはわかりやすくする工夫が必要だったと思う。
(基本的なこと)

喋らない柴咲コウは本当にかわいい。
ほぼノーメイクのようだったけど、きれい。
彼女って喋り方に難があると思う。

余は相変わらず魅力的。
本当に素敵な女優だと思う。

江波は台詞はほとんどないが、動きと表情で気持ちが伝わってきて、
さすがだった。
満島は、あまり映りが良くなかったなぁ。
三浦やトムや田中は、きちんと役割を演じた感じ。

女性は好きそうなテイストなので、
ぜひ、召し上がれ。

☆出演者たちのその他の出演作のレビュー

余貴美子 

映画孤高のメス (←リンク)
映画ディア・ドクター (←リンク)
映画空気人形 (←リンク)

三浦友和

映画沈まぬ太陽 (←リンク)
映画借りぐらしのアリエッティ (←リンク)
 
志田未来

映画借りぐらしのアリエッティ (←リンク)

満島ひかり

映画ちゃんと伝える (←リンク)
映画クヒオ大佐 (←リンク)

料理がテーマの映画つながりレビュー

映画南極料理人 (←リンク)

オフィシャル・サイト
http://katatsumuri-movie.jp/




食堂かたつむり プレミアム・エディション [DVD]/柴咲コウ,余貴美子,ブラザートム

¥6,090
Amazon.co.jp

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]/柴咲コウ,余貴美子,ブラザートム

¥3,990
Amazon.co.jp

サントラ

「食堂かたつむり」オリジナル・サウンドトラック/サントラ

¥3,059
Amazon.co.jp

主題歌

旅せよ若人 feat.岡野昭仁 from ポルノグラフィティ/Fairlife

¥1,020
Amazon.co.jp

ソラニン

$Uzo☆mUzo 

監督 三木孝浩
脚本 高橋泉
音楽 ent
主題歌 ソラニン/ASIAN KANG-FU GENERATION

出演 宮﨑あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、財津和夫、美保純、
ARATA、永山絢斗、岩田さゆり

(あらすじ-ほぼネタバレ)

大学の軽音楽部で知り合ったOLの芽衣子(宮崎)と
フリーターの種田(高良)は同棲中。
会社生活に満たされない芽衣子は、種田の何気ない言葉で退職。

種田は大学時代の仲間、ビリー(桐谷)と加藤(近藤)と
ロッチというバンドを組んでいる。
ビリーは卒業後家業を継ぎ、
加藤は未だ卒業せずに、同じく仲間だったアイ(伊藤)と同棲中。

音楽をやりたい気持ちと、社会人として自立したい気持ちが入り混じる種田は、
芽衣子の言葉で仕事を辞め、デモテープを関係者に送る。

大手から反応があったものの、それはグラドルのバックバンドの話だった。
話をしてきたのは種田が憧れていたバンドの元メンバー(ARATA)だった。
現実の厳しさを感じる種田。


種田は芽衣子に別れ話を持ち出し、
別れないのなら家業を継ぐと言い出し、喧嘩になるが、仲直り。
だが、数日間姿を消す。


久々の連絡で、種田は前の職場に戻ったこと、
仕事もバンドも続けることを芽衣子に告げる。
「愛している」と言おうとして、携帯の電池が切れた。
そして芽衣子のもとへ向かう途中、事故死する。


種田の死後、芽衣子は花屋でバイトを始める。
彼の死で自責の念にかられる芽衣子。
そんな芽衣子を種田の父(財津)は慰める。


種田の死で、加藤は就職活動を始める。
ビリーも悲しさを隠し切れない。


種田の遺した曲「ソラニン」を聴く
芽衣子の中にバンドをやる決意が芽生える。


ビリーや加藤と共に練習をはじめ、
花屋の同僚(永山)ともギター談義をするようになる芽衣子。


加藤が大学の後輩(岩田)からタイバンの話を持ちかけられ、
ロッチはステージにあがる。
種田の遺したオリジナル曲を演奏する3人の顔は晴れやかだった。


-芽衣子は、種田と暮らした部屋から引越しをするのだった。

(感想)

予告編を観て、興味を持つ内容だった のだが・・・
不安だったのは、主演が宮崎あおいだったこと。
・・・そして、不安的中(笑)


ソラニン、というのはじゃがいもの芽や皮の毒。
猛毒ではないわけだけど、そんなゆるーい感じの映画だった。

特筆すべきは高良健吾と、桐谷健太。
高良は穏やかでおとなしい外見ながら、
内でもがいている現代の若者を体現していた。
桐谷が種田への思いを語るシーンは、ジーンときた。

伊藤歩はいつもの感じだけど、彼女の演技は安心して観られる。

どこかの劇団から抜擢された人、と思っていた近藤は
サンボマスター(←リンク)のメンバーだった(笑)

はがきを出しに来るおじいさんのエピソード、
何気ないんだけど、胸に来た。

ASIAN KANG-FU GENERATIONの楽曲がいい。

だが、全体的には
R40の自分からすると、上っ面だけをきれいになぞらえた描写に思えて
リアリティに欠け、惹きつけられなかった。

宮﨑あおいの主演作には
自分にとってそう感じる作品が多いのだ。


彼女は自分の出演作を自身で選ぶらしいが、
いつまで同じような小奇麗にまとめられたトーンの作品で、
同じような役柄を繰り返し演じ、同じような演技をし続けるのだろう・・・
そろそろ需要がなくなると思うのだが。


映画出演者たちのその他の出演作品のレビュー

宮﨑あおい 
カチンコ剱岳 点の記 (←リンク)

高良健吾 
カチンコBANDAGE (←リンク)
カチンコハゲタカ (←リンク)
カチンコ南極料理人 (←リンク)
カチンコ蟹工船 (←リンク)

桐谷健太 
カチンコROOKIES 卒業 (←リンク)
カチンコクローズZERO Ⅱ (←リンク)

伊藤歩 
カチンコBANDAGE (←リンク)
カチンコちゃんと伝える (←リンク)

ARATA 
カチンコ空気人形 (←リンク)

オフィシャル・サイト
http://solanin-movie.jp/




ソラニン メモリアル・エディション 初回限定生産2枚組 [DVD]/宮崎あおい,高良健吾,桐谷健太

¥6,090
Amazon.co.jp

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]/宮崎あおい,高良健吾,桐谷健太

¥3,990
Amazon.co.jp

サントラ

ソラニン サウンドトラック feat.ent/ent

¥2,100
Amazon.co.jp

主題歌

ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION

¥1,020
Amazon.co.jp

戦闘少女 血の鉄仮面伝説

sento.jpg


監督 井口昇、西村喜廣、坂口拓
脚本 継田淳
音楽 中川孝
主題歌 メロウメタリカ/noodles

出演 杉本有美、高山侑子、森田涼花、坂口拓、竹中直人、津田寛治、いとうまい子、
川合千春

(あらすじ-ほぼネタバレ)

凛(杉本)は学校でいじめに遭っており、優しい両親(津田、いとう)だけが救いだった。
だが16歳の誕生日、父がヒルコであることを告白、
母とともに殺されてしまった。
そのことで凛の右腕も変形、
たくさんの人を殺すことになってしまう・・・

そこへ如月(坂口)と玲(高山)が現われ、彼女の顔に鉄仮面が-。

連れて行かれた場所では、凛と同じようなヒルコたちが
如月の指導の下、訓練をしていた。
凛の鉄仮面は、彼女がヒルコとして覚醒した時に外れるのだと言う。
教育係の玲への怒りから、凛はヒルコとして覚醒し、鉄仮面は外れる。


如月はそんな凛に ヒルコを抹殺しようとしている小清水防衛長官(竹中)を
殺すように指示。
だが、その場にいた、同級生のいじめっ子を殺せない凛。
玲は何のためらいもなく、彼女を殺してしまった。


如月は総理大臣を誘拐、
ヒルコたちにテロを起こさせる。


こんなことは間違えていると感じた凛は、
仲の良い佳恵(森田)と共に、玲を説得し、
如月を倒すことにする。


人間にも、かつて自分に親切にしてくれた男の子のような、優しい人がいることを思い出した玲。

3人は如月を倒した。

助けてもなおヒルコに対して
悪態をつく総理大臣のことを踏み潰す。


(感想)

エログロナンセンススプラッターコメディー。

情感さえも笑いにしてしまう。
セーラー服やナースなどのコスプレも登場。
鉄仮面と言えば、ナンノのテレビ2代目スケバン刑事。
(自分のイメージでは)まさしくアキバ系な映画。

東映には昔からこういう路線があったよなぁ、
映画石井輝男監督作品とかの系譜。観たことないけど)と思うと、
アキバ系も、呼び名がなかっただけで、きっと昔からいたんだろうな。

自分はこれ、大笑いしながら観た。
シャワーのような血しぶき。
有り得ない死に方。
ヒルコたちも、乳房から刀が出たり、お尻からのこぎりが出たりとか、
もう本当に・・・笑わせるつもりで作ったに違いないと思う。
胸部と股間から突起物が出ている上に、生首になってケーキの上に乗る津田、
(娘を励ますシーンですらその姿だし)
頭が吹っ飛ぶいとう、出てくるだけでおかしい竹中。
バカバカしくてしょうがない。

でも、面白かった。途中で飽きてきたけど。

生き残った3人のヒルコは、
生き残っただけあって、皆、かわいい。
自分は杉本がタイプ(笑)

映像からは勢いを感じたし、
3人の監督たちは才能に溢れていると思うけど、
女性は観ないだろうし、
男もオタク系やマニアしか興味を示さない映画だと思う。

自分はいとうまい子目当てだったんだけど、
今もかわいい、いとうまい子をもっと観たかった・・・

如月役、最後までローリー寺西が演じていると思っていた(爆)

主題歌がいい。

オフィシャル・サイト
http://www.sentoshojo.jp/




戦闘少女 血の鉄仮面伝説 [DVD]/杉本有美,亜紗美,高山侑子

¥4,935
Amazon.co.jp

主題歌収録アルバム

our first noodles/noodles

¥2,500
Amazon.co.jp

プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる