FC2ブログ

アリータ:バトル・エンジェル



原題:Alita: Battle Angel

映画2019/02/22

監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ジェームズ・キャメロン、
レータ・カログリディス
原作 木城ゆきと「銃夢」
音楽 トム・ホルケンボルフ
主題歌 Swan Song/Dua Lipa

出演 ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、
ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、
エド・スクライン、ジャッキー・アール・ヘイリー、
キーアン・ジョンソン、ジョージ・レンデボーグ・Jr、
ラナ・コンドル、アイダラ・ヴィクター、ジェフ・フェイヒー、
エイザ・ゴンザレス、デレク・ミアーズ、レナード・ウー、
リック・ユーン、ジェフ・ボトムズ/エドワード・ノートン、
ミシェル・ロドリゲス、ジェイ・コートニー

(あらすじ)

地球と火星連邦共和国(URM)の間で繰り広げられた
没落戦争から300年。

世界は
地球最後の空中都市「ザレム」と、
ザレムから排出された廃棄物が積み上がる
地上のクズ鉄町「アイアンシティ」に分断されていた。

アイアンシティに暮らす
サイバネ医師のイド(クリストフ)は、
クズ鉄の山から300年前の少女サイボーグの頭部を発見した。

彼はそれを修復。
サイボーグは過去の記憶を失っており、
アリータ(ローサ)と名付けられ、
イドと暮らし始める。

イドの手伝いをするヒューゴ(キーアン)は
彼女に色々なことを教える。

アリータは
夜ごとこっそり出かけているイドを尾行。
彼が賞金稼ぎであることを知る。

2人は賞金首のグリュシカ(ジャッキー)に立ち向かうが、
その時、アリータに
月面で戦う兵士であった記憶が蘇る。

アイアンシティで流行する
スポーツ「モーターボール」のオーナー・
ベクター(マハーシャラ)は、
レースのオッズを操作するために
最強のモーターボーラーを製造しようとしていた。

グリュシカは
その計画から逸脱したモーターボーラーを密かに排除したり、
ザレムの求める人体サンプルを供給するために
連続殺人を行う手駒となっていた。

彼の報告からアリータの力量を知ったベクターは、
そのボディを手に入れようと計画。

実はヒューゴは
ザレムに行く金を貯めるために
ベクターの下でパーツ強盗を繰り返していた。

イドの妻・チレン(ジェニファー)も、
ザレムに帰るためにベクターと手を結んだ。

ヒューゴの案内で
URMの墜落した宇宙戦闘艇を調べたアリータは、
そこからサイボーグボディ「バーサーカー」を発見し、
かつて自身が戦士だった確信を深めた。

彼女を
モーターボーラーによって殺された実の娘と重ねて見ていたイドは、
アリータが戦うことを許さない。

イドに反発したアリータは賞金稼ぎの登録をし、
ヒューゴと共に
賞金稼ぎの溜まり場であるバーを訪れて
共にグリュシカと戦ってくれる仲間を求めた。

しかし誰も取り合わず、大乱闘が始まる。
イドが駆けつけ、グリュシカが乱入し、
アリータの体は切り刻まれてしまった。

イドは、
彼女に新たなボディとして
バーサーカーを与える。

(感想)

原作は日本の漫画(未読)。

ロバート・ロドリゲスが監督、
製作・脚本にジェームズ・キャメロンがクレジットされていたら
興味を持つ人は多いはず。

クリストフ(珍しく普通な感じ)、マハーシャラを始め、
出演者がユニークなアンサンブル。
通が喜ぶ顔ぶれがカメオ出演。

面白かった。
アリータが
優しくて正義感が強くて
キュートな性格なところも、
正統派なヒロインキャラ設定で
屈折が当たり前となった近頃では
その真っすぐさを
とても新鮮に感じた。
展開もスムーズでわかりやすい。

サイボーグを忠実に表現したかったのだと思うが、
演じるローサ・サラザールの地顔がわからなくなるくらいに
アリータの瞳に映像加工がされている。
ふざけた画像アプリみたいな仕上がりになっていて、
ここは意見の分かれるところかも。
そこに違和感を覚えなければ、
この作品を気に入るはず。
これからの劇画の実写化に影響を及ぼすことになる、かな?

キャメロンは
俳優の在り方に一石を投じ続けている気がするが、
自分は全面的には賛成しかねる。
が、今作で加工のないローサの顔がアリータだったら、
その真っすぐなキャラクターに嘘くささを感じた気はする。

映画オフィシャル・サイト



アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)
2,121円
Amazon



Alita: Battle Angel (Original Motion Picture So...Alita: Battle Angel (Original Motion Picture So...
1,500円
Amazon



主題歌

Swan Song (From the Motion Picture ”Alita: Batt...Swan Song (From the Motion Picture ”Alita: Batt...
250円
Amazon


スポンサーサイト

検察側の罪人



映画2019/08/24
CD2019/02/20

監督・脚本 原田眞人
原作 雫井脩介
音楽 富貴晴美、土屋玲子

出演 木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、
平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、
大場泰正、谷田歩、酒向芳、矢島健一、
キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、三浦誠己、
阿南健治、田中美央、赤間麻里子、長田侑子、
黒澤はるか、松重豊、山崎努

(あらすじ)

東京地検の検事・最上毅(木村)と同じ刑事部に、
検察教官時代の教え子だった
沖野啓一郎(二宮)が配属された。
沖野には立会事務官・橘(吉高)が着いた。

早速ブローカーの諏訪部(松重)の調書を取る2人。

やがて老夫婦刺殺事件を担当することになるが、
最上は容疑者のひとりに
松倉重生(酒向)の名前を見つけて顔色を変える。

松倉は23年前に起きた
かつて最上が親しかった
女子中学生・久住由季(長田)殺人事件の容疑者でもあった。
結局は証拠不十分で逮捕には至らず、
事件は時効を迎えていた。

現在の松倉は、
リサイクルショップでアルバイトをする63歳だった。
沖野の取り調べに
松倉はオフレコで由季殺しを告白する。

最上は、
松倉に法の裁きを受けさせなければならないと
密かに決意する。

が、真犯人は
弓岡(大倉)であることがわかってくる。
最上は諏訪部を使って工作を始める。

沖野は
最上が指示する捜査方針に疑問を持ち始める。

実は橘は暴露本を書くために
立会事務官になったのだった。

同じ頃、最上の友人である
政治家の丹野(平)が闇献金疑惑で追い込まれていた。

(感想)

原田眞人がスターを撮ると、
こんなに作品の毛色が変わってしまうのだなぁ、と思った。
役者らしい役者を揃えていたら、
もっとおもしろくなっていたように思う。

何を演じてもキムタク、と言われ続けているキムタクだけど、
-吉高も何を演じても吉高だと思う-
キムタクらしさを消して挑んでいる作品。
スッキリした髪型、
嫁がデカいコブ娘付きの年上の悪妻、っていう設定も
それを後押ししている。

前半は攻めるニノのほうが目立つが、
-彼はやっぱり達者だ-
後半はおどおどしながら
犯罪に染まっていくキムタクに焦点が当たる。

キムタクは全然悪くはないんだけど、
この役を演じる彼を観たいと思う人は
それほど多くないのでは?
やっぱりキムタクは
何を演じてもキムタクを貫く方が良いかも知れない。
スターなんだからしょうがないのだ。

松重、大倉、
そして何と言っても酒向!
彼のインパクトは凄い。

丹野の件は
もっとクローズアップしても良かったような。
あの程度なら
描かなくても良かったような気がする。

脚本があまり良くなかった気がする。
おもしろく描けそうな細部を削ってしまったような、ね。

スター2人を目立たせようとすると
そうなってしまうのだろうなぁ…

映画オフィシャル・サイト



検察側の罪人 Blu-ray 豪華版検察側の罪人 Blu-ray 豪華版
6,313円
Amazon



検察側の罪人 DVD 豪華版検察側の罪人 DVD 豪華版
5,531円
Amazon



検察側の罪人 DVD 通常版検察側の罪人 DVD 通常版
3,051円
Amazon



サントラ

検察側の罪人検察側の罪人
2,675円
Amazon


移動都市 モータル・エンジン



原題:Mortal Engines

映画2019/03/01

監督 クリスチャン・リヴァース
脚本 フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、
ピーター・ジャクソン
原作 フィリップ・リーヴ
音楽 トム・ホーケンバーグ

出演 ヘラ・ヒルマー、ロバート・シーハン、
ヒューゴ・ウィーヴィング、ジヘ、ローナン・ラフテリー、
レイア・ジョージ、パトリック・マラハイド、
スティーヴン・ラング

(あらすじ)

最終戦争から数百年。
わずかに残った人類は
移動型の都市で生活することを余儀なくされた。
弱肉強食の世界。

巨大移動都市・ロンドンは
小さな都市を捕食することで成長と支配を続けていた。

下層階級出で
歴史家見習いのトム(ロバート)が
ロンドンの指導者であり、
考古学者のサディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ)と
その娘・キャサリン(レイア)父娘と
歓談している中、
へスター(ヘラ)がサディアスに襲いかかる。

(感想)

家族向きの作品。
春休みに
安心して親子でも観賞出来る。
映画館で観賞するべき映像。

ハウルの動く城、ならぬ
「動く国」のような感じで
国が存在している世界の話。

製作・脚本にピーター・ジャクソンが絡んでいるので、
彼の作品の世界観を想像してもらえれば。
そのノリなので。

ヘスターとトムの徐々に、徐々にの
ラブストーリーが微笑ましい。
自分はそういうのを
微笑ましいと感じるタイプではないんだけどw

それはキャラの肉付けがうまかったことと、
演者のヘラとロバートの魅力に負うところだったのだろう。

ヒューゴが
彼らしいマッドな役を
説得力を持って演じている。

サブキャラにも
ジヘ、ローナン、レイアなど
魅力的なキャラクターが多い。

登場人物の魅力を引き出している
いい脚本だと思う。

ヒューゴ以外に有名な俳優は出演していないけど、
魅力的な俳優が多い。
ここから有名になる人が多く出るのでは?

ジャンキーXLこと
トム・ホーケンバーグの音楽が
世界観をうまく表現。
すっかり映画音楽家になった。

戦争って一部の権力者によって引き起こされるものなんだなぁ、と
改めて思った。

映画オフィシャル・サイト



Mortal EnginesMortal Engines
1,696円
Amazon



Mortal Engines (Original Motion Picture Soundtr...Mortal Engines (Original Motion Picture Soundtr...
1,500円
Amazon


天国でまた会おう



仏題:Au Revoir La-haut
英題:See You Up There

映画2019/03/01

監督・脚本 アルベール・デュポンテル
原作・脚本 ピエール・ルメートル
音楽 クリストフ・ジュリアン 

出演 アルベール・デュポンテル、ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、
ロラン・ラフィット、Heloise Balster、ニエル・アレストリュブ、
エミリー・ドゥケンヌ、メラニー・ティエリー、
Kyan Khojandi、アンドレ・マルコン、Philippe Uchan、
Michel Vuillermoz、Carole Franck、Philippe Duquesne 、
Eloise Genet、Axelle Simon、Gilles Gaston-Dreyfus、
Jacques Mateu

(あらすじ)

刑事(アンドレ)の取り調べを受ける
アルベール(アルベール)が語る。

-第一次世界大戦、
仏軍の兵士だったアルベールは
独軍と戦っていた。

停戦目前にもかかわらず、
仏軍のプラデール上官(ロラン)は
2人の兵士に不条理な突撃命令を出し、
そのことで爆撃を受けることになった。

アルベールを助けようとした
同軍のエドゥアール(ナウエル)は
顔に大きな傷を負ってしまった。

エドゥアールは裕福な家の生まれで
画の才能があったが、
父・マルセル(ニエル)はそれを認めようとしなかった。

傷を見てショックを受けたエドゥアールは
家族に会いたくないと言い出し、自殺しようとする。
アルベールは彼を戦死したことにし、
彼の家族に手紙を書いた。

終戦し、それを読んだ
エドゥアールの姉・マデリーン(エミリー)が
遺骨を引き取ろうとアルベールを訪ねて来た。
その対応をしたのがプラデール。
2人は何とか彼女をごまかした。

治療を受けて退院したエドゥアールと暮らし始めたアルベール。
アルベールは元会計士だったが仕事が見つからず、
エレベーターボーイやサンドイッチマンをした。
エドゥアールに必要なモルヒネは
同じような傷痍軍人から奪って入手した。
そんな中、元婚約者が
他の男と楽しそうにしているの目撃、
彼女は指輪を彼にそっと返した。

彼はエドゥアールに絵を描くように勧めた。
近所に住む戦争孤児のルイーズ(Heloise)は
エドゥアールに優しく接し、彼は心を開いた。

エドゥアールは専用のマスクを作り、
アルベールに
戦場の牛のマスクを作ってプレゼントした。
そして彼は
その美術のセンスを活かした詐欺計画を彼に提案する。

(感想)

ハリウッドも日本も
封建的でステレオタイプな作品を量産して
最近めっぽうつまらないなぁと思っているんだけど、
それ以外の国の映画は攻めの姿勢や
アーティスト性がちゃんとあって面白い。
特にフランス映画は
ファンタジックながらリアリズムがあって
時代は変わっても一貫して独創性を貫いている気がする。

この作品もそんな作品で、
コメディタッチと
ロマンチックさと残酷さを融合して
人生の縮図を思わせる。
そして、人間の一生を狂わせる
戦争の悲惨さをきちんと感じさせるところが秀逸。

エンディングには失望感と希望があり、
タイトルに複雑な思いが重なり、余韻を残す。

アルベールの小市民っぽさ、
ナウエルの繊細でナイーブで浮世離れしたお坊ちゃんっぽさ、
-ほぼマスクでの出演ながらそれは伝わる-
ロランの雄臭い悪党ぶり←フランスっぽい、
ニエルの深く枯れた表情が素晴らしく、
終盤のエミリーの豹変ぶりに胸がすく。

こういう映画がもっと作られると良いんだけど。

映画オフィシャル・サイト

※2018/06/24 フランス映画祭2018 横浜 で
先行上映された際のレビューのリアップです。



Au revoir là-haut (Bande originale du film d’Al...Au revoir là-haut (Bande originale du film d’Al...
1,800円
Amazon


ルイスと不思議の時計



原題:THE HOUSE WITH A CLOCK IN ITS WALLS

映画2018/10/12
CD2019/03/06

監督 イーライ・ロス
脚本 エリック・クリプキ
原作 ジョン・ベレアーズ「壁のなかの時計」
音楽 ネイサン・バー

出演 ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、
オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン、
レネイ・エリース・ゴールズベリイ、サニー・スリッチ、
ヴァネッサ・アン・ウィリアムズ、コリーン・キャンプ、
ロレンツァ・イッツォ

(あらすじ)

1955年、
ミシガン州のニューゼベディに
バスに乗った10歳のルイス(オーウェン)が到着した。

彼は両親を事故で亡くし、
形見の「占いボール」を手に、
会ったことのない
伯父・ジョナサン(ジャック)と暮すためにやって来たのだ。

彼が住むのは
至る所に時計が置かれた怪しい古い屋敷。
隣人のツィマーマン夫人(ケイト)もいて、
ジョナサンと彼女は悪態をつき合っているが、
2人は温かくルイスを迎えた。

向いに住むハンチェット夫人(コリーン)は
深夜の騒音について文句をまくしたてて来て、
ジョナサンのことを良く思ってないようだ。

学校に行ったルイスはボッチだが、
タービー(サニー)に話しかけられる。
友達になれそうだ。

眠りにつこうとしたルイスの前に
亡くなったママ(ロレンツァ)が現れる。

ルイスは、
ジョナサンが
夜な夜な何かを探していることに気づく。
そして、彼が二流の魔法使いであること、
ツィマーマン夫人は元超一流の魔法使いであることを知る。
2人はこの家にあるはずの
世界を滅ぼす力を秘めた魔法の時計を探していたのだった。
それにはジョナサンの元親友で、
この家の主だった故・アイザック(カイル)が絡んでいた。

ルイスは自分にも協力させて欲しいと頼んだ。
ジョナサンはある棚を差し、
「この棚は決して開けないこと」と厳命し、それを認めた。

タービーは学校内の選挙で当選すると
ルイスに冷たくなった。
そもそも投票してもらうために近づいたのだ。

タービーの心をつかみたいルイスは
魔法の話をした。

「変わり者」と言いながらも
タービーは屋敷にやって来て、
あの棚を開けてしまった。
その中には呪文が書かれた本が入っていた。

また現れたママの霊に
タービーと仲良くなるために
呪文の儀式をするように言われたルイスは
墓地にタービーを呼び出し、
それを実行してしまった。
すると棺桶から手が出て来て、逃げ出すルイス。

それ以降、屋敷の様子が変わって行き、
ルイスは事の重大さに気がつく。

タービーが嫌な奴だとわかったルイスは
不屈の精神で事態に立ち向かうことを決める。

(感想)

子供に安心して見せられる作品であるし、
大人が観ても後味は良い。

ジャックとケイトは
それぞれの役のキャラクターを作りこんでいるし、
オーウェンも賢そう。
この3人のチームワークが微笑ましい。

サニーはこの先注目を浴びる俳優になりそう。
カイル、ロレンツァ、レネイは
こういう作品のああいう役柄に求められる程度の
壊れ方をしている。

登場人物が絞られていて、
各々のキャラがちゃんと立っていて、
わかりやすくて、
高度な脚本だと思う。

と、別段文句もないけど、
あくまで子供向け。
こういう無難な作品を作るのは難しいと思うし、
今の時代はこういう作品じゃないと
ハリウッドでは作れないんだろうけど、
まぁ…あくまで子供向け。

映画オフィシャル・サイト



【Amazon.co.jp限定】ルイスと不思議の時計 ブルーレイ+DVDセット(ポストカードセ...【Amazon.co.jp限定】ルイスと不思議の時計 ブルーレイ+DVDセット(ポストカードセ...
4,309円
Amazon



ルイスと不思議の時計 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ルイスと不思議の時計 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
3,227円
Amazon



サントラ

The House With a Clock in Its Walls (Original M...The House With a Clock in Its Walls (Original M...
1,500円
Amazon


プロフィール

Uzo★mUzo

Author:Uzo★mUzo
文章を書く仕事がしてみたいです。
オファー、よろしくお願いします
m(_ _)m

クリック、よろしくお願いします↓




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる